キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年9月27日

2019年7月、8月のマルウェアレポートを公開
ランサムウェア「Sodinokibi」の被害が世界中で拡大

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2019年7月、8月のマルウェア検出状況に関する最新のレポートを公開しました。世界中で被害が広がっているSodinokibiと呼ばれるランサムウェアの脅威ついて解説しています。

dummy

キヤノンMJのサイバーセキュリティに関する研究を担うマルウェアラボは、国内で利用されているウイルス対策ソフトウェア「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」のマルウェア検出データを基に、2019年7月、8月のマルウェア検出状況を分析し最新のレポートを公開しました。

トピック

Microsoft Office数式エディターに存在する脆弱性を悪用するマルウェアの検出が増加

2019年7月はMicrosoft Office数式エディターに存在する脆弱性(CVE-2017-11882)を悪用するマルウェアWin32⁄Exploit.CVE-2017-11882が再びランクインし、8月も引き続き上位に入っています。Win32⁄Exploit.CVE-2017-11882は今年初めから徐々に検出数が増加し、2019年6月には脆弱性発見時(2017年11月)の検出数を上回りました。

ランサムウェアSodinokibiの脅威

2019年4月以降、Sodinokibiと呼ばれるランサムウェアが国内外で猛威を奮っています。
キヤノンMJのマルウェアラボが確認した事例では、本ランサムウェアに感染するとディスク上のファイルを暗号化し、データの回復を困難にします。身代金として、0.11862719ビットコイン(2019年9月現在およそ129,000円)が要求されます。
Sodinokibiが特に多く検出されている国はアメリカやカナダで、日本においては世界で6番目に多く検出されています。Sodinokibiの特長として、感染経路が多岐にわたることが挙げられますが、本マルウェアレポートレポートでは最も代表的な「メールの添付ファイル経由の感染」について詳細に解説しています。

マルウェアやセキュリティに関する情報を「マルウェア情報局」で公開中

キヤノンMJでは、インターネットをより安全に活用するためにマルウェアや各種セキュリティに関する情報を提供しています。こちらも合わせてご覧ください。

マルウェア情報局は、キヤノンMJが日本国内総販売代理店として取り扱うESET製品に関する情報や、マルウェアの情報を提供するポータルサイトです。本サイトでは、スロバキアのセキュリティベンダーESET社が発信するニュースを中心に、キヤノンMJのサイバーセキュリティに関する研究を担うマルウェアラボが発信するレポートを掲載しています。

  • ESETは、ESET, spol. s r.o.の商標です。Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

ESETサポートセンター
電話番号 050-3786-2528

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る