キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年8月27日

画像処理ソフトウエア"Vision Edition-U"を発売
キヤノンが日本企業で初めてユニバーサルロボット社のUR+認証を取得

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、生産現場の自動化を支援する画像処理ソフトウエア"Vision Edition-U"を2019年10月上旬より発売します。ユニバーサルロボット社(以下「UR社」)の協働ロボットと連携する"Vision Edition-U"は、日本企業で初めてUR社の認定製品プラットフォーム「UNIVERSAL ROBOTS+」(以下「UR+」)の認証を取得しました。

"Vision Edition-U"がURロボットに提供する機能のイメージ

発売情報

Vision Edition-U

発売日
2019年10月上旬

おもな特長

近年、人件費の高騰や人手不足などから生産現場の自動化に対するニーズが高まっています。このような中、キヤノンは、「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」をコンセプトに、ネットワークカメラや産業用カメラなどのイメージング製品および、画像処理ソフトウエア「Vision Edition」(2018年3月発売)などを活用した生産現場の「見える化」を推進しています。

今回新たに発売する"Vision Edition-U"は、協働ロボットのリーディングカンパニーであるUR社製ロボット専用の画像処理ソフトウエアです。キヤノン製のネットワークカメラなどと組み合わせ、UR社製の協働ロボットと連動することにより、ロボットの手元から作業場の周囲まで、用途に応じて撮影・画像処理を行うことで、ロボットの「眼」の役割を担います。例えば、ロボットによる部品のピック&プレイス作業において、画像処理により作業の抜け漏れを発見・防止したり、ロボットで部品を電子はかりに乗せる作業において、デジタルで表示される重量を画像処理で認識し、基準を満たしているか確認を行ったりするなど、協働ロボットの作業に付加価値を与えます。

協働ロボットの特徴は、人との協働作業を前提に設計されており、生産現場の規模や種類に応じて、容易かつ柔軟に活用できることです。「Vision Edition」も、ネットワークカメラが持つ光学ズームやオートフォーカス、パン・チルトなどの機能を用いた柔軟な画像処理設定が可能で、特殊なプログラミングを必要とせず容易に導入できます。UR社の協働ロボットと"Vision Edition-U"を組み合わせることで、さまざまな生産現場の自動化に向けたソリューションを提供することが可能になります。

キヤノンは、今後も協働ロボットの「眼」の役割を担う、ネットワークカメラや産業用カメラ、画像処理ソフトウエア「Vision Edition」を幅広い協働ロボットに提供することで、生産現場の自動化を促進し、生産性や品質の向上に貢献していきます。

  • 特定の位置にある部品をつまみ上げ、決められた位置まで部品を移送する一連の作業。

CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORMについて

「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」は、キヤノンが提供する、生産現場向けイメージ一括管理システムです。キヤノンが持つ幅広いイメージング製品群、画像処理技術を活用し、生産現場の「見える化」を実現します。

UR社について

2005年に設立されたUR社は、あらゆる規模の会社にロボット技術を活用いただくことを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な産業用ロボットの開発を行っています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。UR社はTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク・オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2018年のUR社の売上高は 2億3,400万ドルでした。

ユニバーサルロボット社

  • Collaborative Robot(コラボレーションロボット)の略称で、協働ロボットのこと。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 NVS商品企画第一課
電話番号 03-6719-9843(直通)

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

"Vision Edition-U"がURロボットに提供する機能のイメージ
1.49MB(3192px×2160px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る