キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年7月25日

ポリマーナノインクとカラーグリップによる高い印刷品質と幅広いメディア対応を実現
1200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンター"Océ ProStream 1000"を発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社(代表取締役社長:井崎孝、以下キヤノンPPS)は、主に商業印刷市場を対象に、オセ社(Océ Holding B.V.、本社:オランダ フェンロー市、CEO:浅田稔、以下オセ)製の1200dpフルカラーインクジェット輪転プリンター"Océ ProStream(プロストリーム)1000"を2019年8月下旬より発売します。

Océ ProStream 1000

発売情報

Océ ProStream 1000

価格(税別)
個別見積もり
発売日
2019年8月
  • システム構成などにより価格は変動します。

おもな特長

近年、商業印刷市場において、多品種少量印刷や短納期要求など多様な顧客ニーズに対応するために印刷機のデジタル化が進んでいます。インクジェットプリンターの印刷品質に関しては、市場で主流のオフセット印刷機レベルを超える品質へのニーズが高まっています。

"Océ ProStream 1000"は、新開発の「インクセットテクノロジー」により、高画質と幅広いメディア対応を実現した1200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンターです。
高濃度を実現する新開発の「ポリマーナノインク」と、用紙のコーティングをあらかじめ印刷面に塗布する「カラーグリップ」により、用紙の風合いを変えることなく、インク同士の混色や用紙への染み込み・にじみを抑制し、インクの着弾を整えます。これにより、インクジェットプリンターでの印刷が難しいとされるオフセット印刷用のグロスコート紙、マットコート紙、上質紙などへの高い印刷品質を実現するとともに、高精細な文字品位と広色域の表現を実現しています。また、乾燥機能は「エアーフローテーション非接触乾燥テクノロジー」を採用し、多種多様な用紙に合わせた温度による乾燥を実現しています。さらに用紙搬送テクノロジーにより、用紙坪量45~300gsmの薄紙から厚紙までの幅広いメディアへ対応しています。

キヤノンMJグループは、"Océ ProStream 1000"の特長となる高い印刷品質と幅広いメディアへの対応により、高級カタログやプレミアムDMなど、お客さまの印刷ビジネス拡大に貢献します。今後3年間で10システムの販売をめざします。

デジタル印刷需要の国内市場動向

商業印刷分野・出版印刷分野において、2020年は3兆円を超える市場規模で推移するものの、10%近くのマイナス成長が予測されています。そのうち、「オフセットの置き換え」「プリントショップ」「フォトブック」を中心にデジタル印刷需要は15%の伸び率で、850億円規模になると見込まれています。(キヤノンMJ調べ)

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社 マーケティング部 マーケティング第一課
電話番号 03-6719-9642

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

Océ ProStream 1000
2.15MB(5530px×2555px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る