キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年7月2日

ハイブリッドクラウド環境を実現する共通基盤で基幹系システムを刷新
顧客企業のDX支援を強化

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、このほどDX(デジタルトランスフォーメーション)、ハイブリッドクラウド時代の共通基盤を構築し、キヤノンMJグループの基幹系システムを刷新しました。
キヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:金澤明、以下キヤノンITS)は、このたびの共通基盤・基幹系システムの開発・構築で培った、メインフレームを含むレガシーシステムの整理、クラウド移行などのSoR領域の軽量化、およびハイブリッドクラウドやデジタル化のノウハウを通じて、お客さまのDXへの取組みを支援します。

次世代基幹系システムへのロードマップ

おもな特長

キヤノンMJグループは、お客さまが直面する課題の解決に向け、SIサービス事業やセキュリティ事業、データセンター事業などのITソリューションビジネスに注力しています。
このたび基幹系システム刷新の一環として、ハイブリッドクラウド環境に対応した共通基盤を構築したことで、基幹系システムを効率化するとともに、新規ビジネス創出に向けたDXへ集中的に取り組むことを可能にしました。

基幹系システムを100%クラウド運用へ※1、DX変革を推進

クラウド時代においても、基幹系システムの全てをクラウドで運用している企業は少なく、キヤノンMJグループもオンプレミスとクラウド(プライベート、パブリック)を適材適所で併用してきました。しかしながら、加速し続けるビジネススピードを考慮し、今後は刷新する全ての社内システムを100%クラウド上に構築します。今回、一部の基幹系システムにおいてクラウドでの運用を開始※2しましたが、2021年に会計系のシステムをクラウド化する計画となっています。IT投資を「守り」から「攻め」へとシフトし、DX変革を強力に推進していきます。

ハイブリッドクラウド環境を実現する「共通基盤 iCap※3」を構築

キヤノンMJグループはオンプレミスとクラウド(プライベート、パブリック)のハイブリッドクラウド環境に適用した「共通基盤Integrated Common Applications Platform(社内略称:iCap)」を構築しました。本共通基盤により、多様なプラットフォーム上で稼働するシステムを連携し、横断的に管理、運用することができます。システム間を疎結合でつなぐデータ連携基盤と、運用と保守を統合的に管理する運用管理基盤、社内のIDを管理しシングルサインオンを実現する認証基盤などで構成されます。

お客さまのDX実現をトータルでサポート

共通基盤や基幹系システムには、キヤノンMJグループのSIサービス・ソリューション製品を利用しています。キヤノンITSがこれらの導入・構築・開発を一手に担っており、今回培ったノウハウを生かし、お客さまのメインフレームを含むレガシーシステムの整理、クラウド移行など、DXの取り組みをトータルでサポートしていきます。

種類サービス・製品説明提供
クラウド基盤SOLTAGE※4パブリッククラウドサービスキヤノンITS
アプリケーションmcframe7生産・販売・在庫管理ソフトキヤノンITS
Web Performerローコード・超高速開発プラットフォームキヤノンITS
Web PerformerWf+ワークフロー管理ソフトキヤノンITS
セキュリティESET インターネット
セキュリティ
総合セキュリティソフトキヤノンMJ
システム運用MSPサービス西東京DCの統合運用サービスキヤノンITS

※1 100%クラウド運用へシフト
基幹系システムだけではなく、オフィススイートや文書ファイルなどの社内データは、すでにオンプレミスからクラウドへ完全移行しています。

・基幹システム・・・クラウド化 実施中
・オフィスシステム・・・クラウド化 完了(Office365等)
・各種データ・・・クラウド化 完了(一部SharePoint等)

共通基盤導入の費用削減効果として、運用管理基盤の導入により運用費用の20%削減を、データ連携基盤では連携開発を共通化、自動化する事で30%の効率化を見込んでいます。

※2 一部の基幹系システムがクラウドでの運用を開始
部品の受発注・在庫管理のシステムであるパーツ管理システムを共通基盤上に構築し、2019年5月本番運用を開始しました。

※3 「共通基盤 iCap」を構築
「共通基盤Integrated Common Applications Platform(社内略称:iCap)」は、DXから基幹系システムまでハイブリッドクラウド上のシステムを支える基盤です。下表が今回構築したものですが、これ以外にもマスター管理基盤、APIゲートウェイ、BI基盤の構築を予定しています。

種類主要機能
データ連携基盤システム間連携における差異の吸収、疎結合化
運用管理基盤ITSM(BPM)ITILに準拠した運用業務プロセス管理、MSPサービスとの連携
ログ管理ログフォーマット変換、収集・蓄積、一貫検索
MSPサービス監視、ジョブ管理、運用代行サービス
運用自動化本番リリース作業の自動化
統合認証基盤SaaS利用も想定したシングルサインオン環境
帳票基盤フォーム管理、帳票生成、Canon imageWARE FormManagerを利用
ワークフロー基盤承認経路設計、Web Performerとの連携

※4 クラウドサービス SOLTAGE
キヤノンITSが提供する「クラウドサービス SOLTAGE」は、国内でも最高水準のティア4レベルの「西東京データセンター」にシステムを構築することで、安心かつ安定したクラウドサービスを実現しています。
さらに、セキュアで安全なシステム環境の構築のため、同社が国内総販売代理店として提供するウイルス対策ソフト「ESET」を標準装備し、二重化した可用性の高いネットワーク、24時間監視・ジョブ管理・運用代行など、高品質な付加価値サービスを低価格で提供します。
キヤノンITSは、あらゆるシステムとの親和性が高い「クラウドサービスSOLTAGE」と100システムを超えるクラウド移行実績を有しており、お客さまのニーズにマッチしたアウトソーシングサービスをトータルでサポートしています。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンITソリューションズ株式会社 ソリューション推進本部 ソリューション企画部
電話番号 03-6741-9181(直通)

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

次世代基幹系システムへの
ロードマップ
49.0KB(920px×483px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る