キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年7月18日

米国アプレ・インスツルメンツ社製品の国内独占販売権を取得

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、レンズなど光学部品の検査を目的とした干渉計を製造するアプレ・インスツルメンツ社(ÄPRE Instruments, Inc.、本社:米国アリゾナ州ツーソン、President:Robert Smythe、以下アプレ社)の日本国内における独占販売権を取得しました。

アプレ社は米国アリゾナ州ツーソンのレーザー干渉計メーカーであり、光学部品の検査装置を製造販売しています。自由曲面レンズや非球面レンズなど、今後市場成長が期待される付加価値の高い光学部品の非接触測定を実現する優れた技術力を有しています。
キヤノンMJはこのほどアプレ社に出資し、日本国内の独占販売権を取得しました。

国内の光学部品市場は、自由曲面レンズなどより高付加価値な製品へのニーズが高まっています。多くの光学部品メーカーでは、複雑化した製品を正しく評価するために、信頼性の高い検査装置が必要不可欠であり、有効かつ効率的な検査手段を求めています。アプレ社は、スペクトル制御干渉法など優れた独自技術に加え、キヤノンMJからの出資により既存製品の拡充と新製品の開発を加速し、変化し続ける市場ニーズに応える非接触光学測定機器を提供する計画です。

キヤノンMJはこれまで培ってきた販売・サポートスキルを生かしてアプレ社製品を提供することで、お客さまの検査・測定業務の効率化を推進していきます。
キヤノンMJグループは2019年から2021年の中期経営計画において、産業機器分野における事業領域の拡大を掲げており、計測機器やレーザー関連機器の事業を今後も拡大していきます。

関連情報

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 計測分析機器部 計測機器課
電話番号 03-3740-3334(直通)

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る