キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年5月8日

大口径中望遠単焦点レンズ"RF85mm F1.2 L USM"を発売
焦点距離85mmのキヤノン製交換レンズとして最高レベルの画質を実現

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、大口径中望遠単焦点レンズ"RF85mm F1.2 L USM"を2019年6月下旬より発売します。

"RF85mm F1.2 L USM"

発売情報

RF85mm F1.2 L USM

価格
オープン価格
発売日
2019年6月下旬

おもな特長

"RF85mm F1.2 L USM"は、描写性能や操作性、堅牢性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)レンズ」です。焦点距離85mmの単焦点レンズは、被写体に圧迫感を与えず適度な撮影距離を保つことができるため、ポートレート撮影を中心に強いニーズがあります。このたび、焦点距離85mmのキヤノン製交換レンズとして最高レベルの画質※1を誇る、開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズをラインアップに加え、「EOS Rシステム」を強化していきます。

焦点距離85mmのキヤノン製交換レンズにおいて最高レベルの画質を実現

EFマウントと同じ内径54mmという大きなマウント径と、ミラーレスカメラならではのショートバックフォーカス※2というRFマウントの特長がもたらすレンズ設計の自由度の高さを生かし、絞り開放時においても画面の中心部から周辺部まで圧倒的な高画質を実現しています。また同時に、開放F値1.2の大口径により、大きく美しいボケ味を楽しむことができます。

キヤノン独自開発の「BRレンズ」を含む光学系により色収差を大幅に抑制

キヤノン独自開発の「BRレンズ」※3と「UDレンズ」※4の組み合わせにより、大口径レンズに出やすい色にじみを大幅に抑制し、極めて高水準の色収差補正を実現しています。また、特殊コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」の採用により、逆光によるフレアやゴーストの発生を抑制し、絞り開放時においても画面中心から周辺部まで高解像・高コントラストな描写性能を実現しています。

快適な操作を実現するコントロールリングを搭載

フォーカスリングに加え、露出補正や絞り数値の設定などを任意に割り当てて使うことができるコントロールリングを搭載しています。電子ビューファインダー(EVF)で撮影後のイメージを確認しながら、コントロールリングを操作することで、より直感的で快適な操作が可能です。

  • ※12019年5月8日までにキヤノンが発売した、焦点距離85mmのレンズ交換式カメラ(一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ)用オートフォーカス交換レンズとの比較において、絞り開放時に最高レベルの光学性能(MTF)を実現。
  • ※2無限遠に焦点を合わせたときの、最後部のレンズ面の頂点から撮像面までの光軸上の距離が短いこと。
  • ※3有機光学材料「BR(Blue Spectrum Refractive)光学素子」を凹凸のガラスレンズで挟み合わせたキヤノン独自の複合レンズ。
  • ※4「UD(Ultra Low Dispersion=特殊低分散)ガラス」を用いたキヤノン独自のレンズ。

関連情報

商品紹介ページ

先行展示のご案内

本商品は、キヤノンパーソナル向けショールームにて、先行展示しております。

パーソナル向けショールーム

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90002

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

"RF85mm F1.2 L USM"
1.51MB(3000px×2250px)

"RF85mm F1.2 L USM"の光学構成図
108KB(928px×672px)

通常ガラスと「BRレンズ」の違い
通常ガラスの場合
12.2KB(337px×202px)

通常ガラスと「BRレンズ」の違い
「BRレンズ」の場合
11.7KB(337px×202px)

色収差低減の作例比較
"RF85mm F1.2 L USM"
265KB(672px×635px)

色収差低減の作例比較
「EF85mm F1.2L II USM」
(2006年3月発売)
282KB(672px×635px)

防じん・防滴シーリング
2.44MB(2376px×2189px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る