キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2019年5月28日

特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載したインクジェットプリンター
"G6030 ⁄ G5030 ⁄ GM2030"を発売しラインアップを拡充

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、特大容量タンク「GIGA TANK(ギガタンク)」を搭載したインクジェットプリンターの新製品として、カラー複合機"G6030"、カラープリンター"G5030"、モノクロプリンター"GM2030"を2019年6月6日より発売します。

G6030

G5030

GM2030

発売情報

G6030 ⁄ G5030 ⁄ GM2030

価格
オープン価格
発売日
2019年6月6日

おもな特長

キヤノンは、家庭における年賀状や高画質写真、ビジネス用途の文書やチラシ、プロのアート作品など、多様なプリントニーズに応える幅広いインクジェットプリンターのラインアップを展開しています。今回、キヤノンの特大容量タンクに「GIGA TANK」と愛称をつけ、新製品3機種を加えることで、大量印刷と低ランニングコストを実現する「GIGA TANK」搭載モデルのラインアップを拡充します。これにより、家庭における子どもの学習教材やレシピ、ビジネス用途の文書など、普通紙で印刷する機会が多いユーザーのプリントニーズに対応します。

特大容量タンク「GIGA TANK」と大量給紙により高生産性を実現

"G6030 ⁄ G5030"はブラック2本とカラー各色1本ずつ、"GM2030"はブラック2本のインクボトルを本体に同梱しています。"G6030 ⁄ G5030"はインクボトル各色1本(別売り)でブラックは約8,300ページ※1、カラーは約7,700ページ※1の大量印刷が可能です。インクコストはいずれもA4モノクロ約0.4円※2、"G6030 ⁄ G5030"はA4カラー約0.9円※2と低ランニングコストなため、気兼ねなくプリントできます。新たに最大250枚積載可能な給紙カセットを搭載し、背面給紙と合わせて最大350枚の大量給紙による高い生産性を実現しています。

新開発のブラックインクにより鮮明な印字が可能

新開発のブラックインクにより、高濃度でくっきりとした視認性の高い印字が可能です。 モノクロプリンター"GM2030"は、カラーのインクカートリッジ(別売り)を装着※3することで、カラー印刷にも対応します。

  • 赤字部分は2019年7月26日に加筆訂正。
  • ※1エコノミーモード時。標準モード時はブラック約6,000ページ、カラー約7,700ページ。印字可能枚数は、A4カラー文書ISO/IEC24712を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。"GM2030"はブラック約8,300ページ(エコノミーモード時)。印字可能枚数は、A4モノクロ文書ISO/IEC 19752を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。いずれも初めてプリンターを使用する際に充填したインクボトルではなく、2回目以降に充填するインクボトルを使用して算出しています。
  • ※2税別。普通紙使用、標準モード時。インクコストは「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン」〈一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)制定〉に従い記載しています。測定環境の詳細は、キヤノンホームページをご参照ください。
  • ※3カートリッジ装着後は速やかに使い切ることを推奨しています。

インクジェットプリンターの市場動向

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2018年の出荷台数は国内では約402万台、全世界では約5,977万台でした。2019年の出荷台数については国内では約372万台、全世界では約5,839万台と見込まれています

  • 出典:IDC, Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker, 2018Q4

関連情報

商品紹介ページ

先行展示のご案内

本商品は、キヤノンパーソナル向けショールームにて、先行展示しております。

パーソナル向けショールーム

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90067

報道機関からのお問合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社広報部

画像ダウンロード

dummy

G6030
1.75MB(5000px×3500px)

G5030
1.70MB(5000px×3500px)

GM2030
1.58MB(5000px×3500px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

< ニュースリリーストップへ戻る