キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報

ニュースリリース

2018年10月30日

印刷稼動音を最大約60%削減し大幅な静音化を実現
大判インクジェットプリンター“imagePROGRAF TM-305”など6機種を発売

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF(イメージプログラフ)」の新製品として、A0ノビ対応の“TM-305/TM-300/TM-300 MFP”、A1ノビ対応の“TM-205/TM-200/TM-200 MFP”を、2018年11月14日より順次発売します。

imagePROGRAF TM-300 MFP

imagePROGRAF TM-200
*オプション装着時

発売情報

imagePROGRAF TM-305

価格(税別)
39万8,000円
発売日
2018年11月14日

imagePROGRAF TM-205

価格
26万8,000円(税別)
発売日
2018年11月14日

imagePROGRAF TM-300

価格
33万8,000円(税別)
発売日
2018年11月14日

imagePROGRAF TM-200

価格
20万8,000円(税別)
発売日
2018年11月14日

imagePROGRAF TM-300 MFP

価格
52万8,000円(税別)
発売日
2018年11月30日

imagePROGRAF TM-200 MFP

価格
45万8,000円(税別)
発売日
2018年11月30日

おもな特長

CAD市場・ポスター市場向けに、普通紙印刷における高画質と大幅な静音化を実現した「imagePROGRAF TM」シリーズを新たに展開します。新製品は、ハードディスクを搭載し図面やポスター出力時の生産性を高めた“TM-305/TM-205”、簡単な操作で大判プリントができる “TM-300/TM-200”、大判スキャナー※1で大判コピーやスキャンが簡単にできる大判インクジェットMFPソリューション “TM-300 MFP/TM-200 MFP”の合計6機種です。図面の効率的な出力、大判ポスターの内製化、図面の電子化やコピーなど、幅広い大判プリントニーズに対応します。

大幅な静音化による快適なプリント環境の実現

新製品はいずれも、印刷時に発生する動作音の主な発生源について徹底的に見直しを行い、消音構造体の配置による印刷稼働音の低減や、カッター性能の向上による用紙カット音の抑制など、新たな静音化技術を搭載することで、高速印字を維持したまま、印刷稼動音約44dBを達成しました。“TM-305/TM-300/TM-300 MFP”は従来機種と比べ稼動音を約60%※2削減しており、大幅な静音化により、少人数のオフィスやスペースに限りのある小規模な店舗でも、ユーザーの近くにプリンターを設置して作業ができるため、快適な大判プリント環境を実現します。

図面やポスターの高画質プリント

5色顔料インク「LUCIA TD」を採用し、CAD用途では、インク受容層のない普通紙にも細線や文字を鮮明に再現できます。ポスター用途では、インクジェット普通紙においても、色鮮やかな普通紙ポスターが作成でき、経済性や効率性を重視するポスターの内製ニーズに対応します。

  • ※1スキャナーは英Global Scanning社製。
  • ※2普通紙、線画・文字、標準モード。従来機種「iPF780(2014年7月発売)/iPF770 School(2015年8月発売)/iPF770 MFP-2(2017年10月発売)」と比較した場合。“TM-205/TM-200/TM-200 MFP”は従来機種「iPF680(2014年7月発売)/iPF670(2015年8月発売)/iPF670 MFP-2 (2017年10月発売)」と比較し、印刷稼動音を約50%削減。

商品紹介動画

imagePROGRAF TMシリーズの特長や技術をご紹介しています。

この件に関するお問合せ先

お客さまからのお問合せ先

キヤノンお客様相談センター
電話番号 050-555-90063

報道機関からのお問合せ先

報道関係者の方からのお問い合せは、下記リンク先よりお問い合せください。

画像ダウンロード

imagePROGRAF TM-300 MFP
 
1.04MB(4500px×4200px)

imagePROGRAF TM-200
*オプション装着時
0.98MB(3500px×3500px)

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。
また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。

<ニュースリリーストップに戻る