イベントFIT2018 キヤノンブース レポート

FIT2018 金融国際情報技術展 金融業界の未来を見据えたチャレンジ サービス向上、業務効率化への貢献をめざす キヤノンマーケティングジャパン/キヤノン電子テクノロジー 出展報告 2018年10月25日(木)~10月26日(金)東京国際フォーラム

キヤノングループは10月25日(木)、26日(金)の両日、東京国際フォーラムで開催された「FIT2018 金融国際情報技術展(以下、FIT2018)」に出展しました。2000年の第1回開催以来、「金融機関のためのITフェア」として国内最大級となる本イベントは、現場で行われる金融実務と実践に即した展示会として高い評価を受けており、160社以上からさまざまな金融機関向けソリューションの提案が行われました。

今回のFIT2018でキヤノンブースが掲げたコンセプトは「金融サービス向上への貢献」と「金融機関の業務機能向上への貢献」です。金融サービスを利用するお客さま、そしてサービスを提供する金融機関の皆さま双方にとって役立つ各種の製品、ソリューション群を提案しました。ブース内を6つのゾーンに分け、お客さまが日常業務の現場で抱えている課題をパネルで展示。これを解決する手法と導入効果を具体的に示しました。

FIT2018 金融国際情報技術展

預かり資産セールスナビ

映像動画ソリューション

渉外支援ソリューション

フロントコンプライアンス強化を実現するセールス活動システム

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 株式会社ノースアイランド 時事通信社 安全安心な販売活動を実現:フロントコンプライアンス/不備・ヌケモレを防止!:ナビゲーションシステム/お客さまの関心ごとに効果的にアプローチ!:営業力強化/お客さま本位の提案を実現:ニーズ喚起ツール/リアルタイムなアプローチが可能に:情報の共有/事務作業時間を削減:自動印刷・取込/お客さまとつながるコンサルティング:情報の横断的な活用

経済を支える金融機関には、一般企業以上に厳格かつ高度なコンプライアンスが求められます。特に投資信託や公共債、外貨預金、保険といった「預かり資産」を扱う金融機関では、販売担当者にかかる負荷が大きく、その軽減が大きな課題になっていました。キヤノンは2007年に「投資商品販売支援システム」を開発して以降、現在まで継続的に改良を重ねています。本ゾーンでは窓口・外訪先での預かり資産販売サイクルをシステム化する「預かり資産セールスナビ」と、これと連携して営業活動を支援する「コンサルティング営業支援ツール」を展示しました。

「預かり資産セールスナビ」は、ナビゲーションに従うことで自然に法律や業務ルールに対応できることから、フロントコンプライアンス強化をめざす金融機関に適したソリューションです。また、契約に伴う各プロセスで必要な手続きを管理して、記入ミス、書類の交付漏れを防止できることで業務効率化につながります。
本ソリューションは信金中央金庫の協力のもと、全国の信用金庫を対象とする投資商品販売支援システムのクラウドサービス「しんきん預かり資産ナビ」として、2018年7月から提供を開始しました。信用金庫業界の共同システムとして提供されることで導入コストを抑えられる他、短期間で効率的な運用が可能になっています。ブースにはタブレット上で一連の操作を体験できるコーナーが設けられ、来場された多くのお客さまが使い勝手を確認されていました。

「コンサルティング営業支援ツール」「預かり資産セールスナビ」とのシームレスな連携により、顧客情報を機能横断的に活用し、金融機関の営業力強化につなげるためのソリューションです。ノースアイランド社、時事通信社との協業により開発された本ツールは、お客さまの取引データと最新のマーケット情報を組み合せ、必要な情報を素早く提供が可能です。

また、「預かり資産セールスナビ」をサポートするソリューションとして、キヤノンの複合機とネットワークスキャナーの「ScanFront」の連携ソリューションも参考出展しました。「ScanFront」による領収書や名刺など、大きさや厚さの違う媒体の連続スキャンや両面読み取りが可能なだけでなく、「ScanFront」を複合機の操作画面から行える他、ICカード認証や宛先自動設定などの複合機の機能を「ScanFront」で利用できるようになります。

AI、クラウド、BPOの組み合せで紙文書のワークフローの業務効率化を実現

業務に沿ったサービスの提供 OCR基盤:精度99.98% BPO連携(業務請負で完成データをご提供)/豊富な画像処理技術(認識率をさらに高め、OCR精度向上)/入力工数35%DOWN 入力負担軽減(AI技術利用で入力工数35%削減) クラウドサービスのため迅速な導入が可能

金融機関では手書きの紙文書をはじめ、スキャン画像やカメラ画像、ファクス画像などさまざまなデータが膨大に蓄積されていきます。今回キヤノンが参考出品した「OCRクラウドサービス」は、これらのデータ化を支援するためのクラウド基盤です。そのコンセプトは「業務に特化したイメージング基盤」。
本ソリューションでは、各業務で求められる書類の分類、入力、点検、再入力いう流れにおいて、書類の仕分けをAIで自動化し、特性(定型・非定型・手書き)に応じたOCRで読み取り、最後の点検・再入力のみ人が行う形にすることで、入力作業にかかるコストと時間の大幅な削減が期待できます。一連の作業はワークフローで簡単に設定できるため、業務内容に合わせたカスタマイズが可能。さらには要望に応じて完成データを返すBPOサービスも提供しているため、「一気通貫」で提供ができます。
書類の電子化が進む中、今後はスキャン画像、カメラ画像の利用が一層増えると思われます。キヤノンでは本ソリューションのマルチデバイス対応を進め、さらに高い認識率の実現をめざしています。

動画コンテンツの活用による効果的なお客さま接点の強化

お客様接点200%UP! パーソナライズ動画:次のアクションへの誘導 20~60%UP/訴求力・満足度向上(One to One マーケティング)/効果の見える化(動画視聴分析) 簡易動画作成:かんたん動画作成 最短30分/従来の動画制作に比べてコスト1 / 10/売上UP!訴求力UP!

インターネットでの動画配信が普及している現在、金融機関でも、商品紹介などさまざまな動画コンテンツが営業活動に役立てられています。しかし、コンテンツ制作のコストや時間的な制約から、なかなか導入に踏み切れないお客さまが多いのが現状でした。本ゾーンでは「簡易動画作成ソリューション」と、お客さまの特性に合わせた動画を配信する「パーソナライズ動画配信」、そして、お客さまの関心事に応じてリアルタイムにコンテンツを変化させる「WEBパーソナライズサイト」の展示が行われました。

「簡易動画作成ソリューション」は、プロが監修したシナリオと自動編集技術によって簡単に動画が作成できるサービスです。目的別に用意されたテンプレートを選択し、専用アプリのガイドに沿って撮影してテロップ・タイトルを挿入すれば、最短約30分で動画コンテンツが完成します。作成後に特定のカットシーンを入れ替えることも可能。動画はスマートフォンやタブレットで撮影したものが利用でき、商品紹介だけでなく、社内マニュアル・教育資料の作成や、お客さまへの営業スタッフの紹介など、多様なニーズに応えます。

「パーソナライズ動画配信」は、お客さまの特性に応じた動画を生成し、ウェブサイトなどで配信するソリューションです。金融商品はお客さまごとにおすすめする内容に違いがあるため、同じ動画コンテンツを使い回すのでは効果が出せません。そこでキヤノンでは動画にさまざまなパーソナル情報や機能を付加することで、より効果的にお客さまへのアプローチを行うことをめざしています。具体的には動画上に外部データから取り込んだお客さまの名前や過去の購入履歴などを基にした情報を表示させたり、動画上で購入シミュレーションを表示させてお申込みなど次のアクションへつなげたりなど、多様な機能があり、顧客満足度の向上だけでなく顧客接点の強化に寄与します。

また、これまで動画を使わず静的コンテンツを主に配信している金融機関からは、商品・サービスの訴求が十分できないとの声が聞かれていました。キヤノンでは既存ウェブサイトの商品・サービス紹介ページ上で、お客さまの興味関心に応じて表示するコンテンツを切り替え、欲しい情報を能動的に提供するためのソリューション「WEBパーソナライズサイト」を提案しています。例えば、同じ商品のページを複数回閲覧しているお客さまにポップアップ画面で問い合わせ先をご案内したり、お客さまごとに興味・関心を持っていただけそうな商品紹介をトップで表示したりといったことが実現可能で、お客さま接点の拡大に積極的に貢献するものとなっています。

顔認証システムによる窓口支援とセキュリティー強化の実現

毎日多数のお客さまが来店する金融機関では、きめ細かな接客がサービス向上のカギになります。本ゾーンでは、個々のお客さまを識別する顔認証システムを用いたサービス向上、および防犯対策のソリューションを展示しました。

多くの金融機関にはすでに防犯をおもな目的としてネットワークカメラが設置されていますが、その多くは万一の場合に備えた映像の記録にしか利用されていません。キヤノンでは、NECとの協業により、NECの高速・高精度の顔認証システム、キヤノンの多彩な機能を備えたVMS(ビデオ管理ソフトウエア)「Milestone XProtect」、信頼性の高いNECのPCサーバー「Express5800シリーズ」を組み合せることで、ワンランク上の接客支援を実現しています。具体的には重要なお客さまの来訪を入店時に把握して速やかに対応したり、要注意人物の来店を事前に認識したりといった活用が可能です。ブースでは顔認識の仕組みが分かりやすく展示され、お客さまの関心を集めていました。

スマートデバイスに対応した周辺機器で外訪先での業務を効率化

ワンストップ:お客様に最適なソリューションを提供! 長年の経験を活かしたアプリ開発力/通帳・キャッシュカードが読める:磁気ストライプリーダー/フラット・軽量:A6モバイルプリンター/口座振替サービスに対応:モバイル決済端末(デビット決済対応/クレジット決済対応/改正割賦販売法に対応)

地元に密着した地域金融機関では、渉外担当者がお客さまのもとへ訪問する機会が頻繁にあります。キヤノンでは長年の経験を活かしたアプリケーション開発の他、スマートデバイスなどのモバイル端末、および周辺機器などを取り揃え、ワンストップで最適なソリューションを提供しています。本ゾーンでは「渉外支援ソリューション」としてタブレット、磁気ストライプリーダーモバイルプリンターモバイル決済端末(参考出展)を展示し、外出先での勘定処理と受取書発行のデモンストレーションを行いました。CRM(顧客管理システム)との連携で確実な事務処理が行える本ソリューションは、渉外活動の効率化に役立つことが期待されます。

情報の有効活用が可能な情報系基盤・データベースで収益拡大に貢献

豊富な導入実績:お客様の負担を軽減し、業務にあった提案・支援が可能/短納期でシステム構築:業務を網羅したデータモデル提供/多様な業務ニーズに柔軟に対応:各部門の必要データを包括的に保有/業務効率化の実現/営業推進に貢献/収益拡大に貢献

本ゾーンでは、金融機関(銀行)の情報活用を支援する情報系システム「entrance®Banking」の展示が行われました。銀行向けデータウエアハウスとして豊富な導入実績を持つ本ソリューションは、勘定系システムをはじめ、すでに導入されているさまざまな周辺システム群をつなぐ役割を果たし、分析やリポート作成、システム連携のためのデータ活用など、多様な業務ニーズにも柔軟に対応が可能です。ブースでは本ソリューションを導入して業務に役立てている福邦銀行の事例を紹介しました。

また、近年大きな話題になっているクラウド活用のモデルケースとして、わずか3カ月で基幹システムを構築した少額短期保険会社の事例を展示しました。金融機関や保険会社での導入が加速している「Salesforce」を活用することで契約管理、保険事故管理などの業務システムが短期間、低コストで構築された理由が示され(インフラコストの削減、標準機能や業種テンプレートの活用など)、クラウドのメリットを最大限に生かした取り組みが紹介されました。

FITセミナー:信用金庫の預かり資産業務推進とお客さまの資産形成サポートへの取り組み

展示会と同時開催されたセミナーでは、ブースでも展示した「しんきん預かり資産ナビ」の取り組みを紹介するため、関係者の方にご登壇いただきました。信金中央金庫の菊池 俊氏からは、「しんきん預かり資産ナビ」選定に至るまでの経緯と、その背景について解説いただきました。競争が激化する金融業界にあって、信用金庫が経費節減とサービス向上を両立するために選んだソリューションであることや、導入によって得られる具体的なメリットが示されました。
続いて東濃信用金庫の舟橋浩史氏から、「しんきん預かり資産ナビ」を導入した理由についてお話いただきました。導入に合わせ、新たに部署を設置して業務効率化に取り組んだストーリーや、マルチタスク化により大幅な人員削減が可能になったことなどが報告され、参加者は熱心に耳を傾けていました。

ご来場ありがとうございました。

キヤノングループは金融業界で培ったノウハウと最新技術を活かして、これからもお客さまの課題解決をサポートするための取り組みを進めてまいります。製品やサービス導入に関するご相談がございましたら、ぜひお問い合せください。

このページのトップへ