イベント第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX) キヤノンブース レポート

第9回 教育ITソリューションEXPO キヤノンブース メッセージ 教育現場の課題を解決する数々のソリューションを キヤノンマーケティングジャパン/キヤノンITソリューションズ/キヤノン電子テクノロジー 出展報告 2018年5月16日(水)~5月18日(金) 東京ビッグサイト

キヤノングループは5月16日(水)から18日(金)まで、東京ビッグサイトで開催された「第9回教育ITソリューションEXPO」に出展しました。総入場者数は前回を上回る3万2253人を記録。2020年に始まるプログラミング教育必修化を前に、日本最大の学校向けIT専門展である本イベントには全国各地から多くの教育関係者が訪れ、会場は活気に満ちた雰囲気に包まれました。

昨年開催された第8回に続いての出展となるキヤノングループは、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ、キヤノン電子テクノロジーが合同でブースを構え、教育現場が抱える課題の解決に向けた提案を行いました。

「in Campus」シリーズに新ソリューション「Scan」登場

会場内の「学校業務支援ゾーン」に設けられたキヤノンブースでは、快適なキャンパスライフの実現を支援する「in Campus」シリーズを中心に10種のソリューションを展示。さまざまな切り口から積極的に教育現場が抱える課題解決をめざす姿勢を示しました。

「in Campus」シリーズは、キヤノングループが独自開発した教育支援情報プラットホームとして2014年から展開するソリューションです。そのおもな機能は、学校からのお知らせや日程表など、学内ポータルに必要とされる各種機能を標準装備した「Portal」、毎日の授業で使われる資料の配布、レポート提出の管理などを行い、快適な授業環境を構築する「LMS」(Learning Management System:学習管理システム)。授業の枠を超えたコミュニケーションをサポートする「Community」、そして、「in Campus」内での活動をアーカイブして学習成果の振り返りを行う環境を提供する「Portfolio」ポートフォリオなどで構成されています。

今回、展示の「目玉」としてひときわ来場者の注目を集めたのは、学生が提出した手書きのレポートや答案をデジタル化して管理する新しい授業支援システム「in Campus Scan」でした。2018年6月に提供が開始された本ソリューションは、キヤノンITソリューションズのR&D本部が研究を積み重ねてきたAI技術を活用して開発したもの。採点済みの答案用紙をスキャンしたデータから書かれている文字を読み取り、その分析結果に基づいて学生やクラスごとに自動集計することで、大幅な業務効率化を実現します。今後は複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズなどとも連携し、採点結果の集計から学生への返却に至る一連の過程が「in Campus」上で可能になるよう準備を進めていきます。

教育分野における「働き方改革」のテーマでもある、教職員の業務負荷軽減に着目したソリューションも展示されました。学内に展開されたクライアント端末を管理する「in Campus Device」は、教育機関で使われるWindows、Mac、Linuxといった複数のOSで動作する端末を一元的に管理することで、業務負荷の軽減を図るものです。端末の利用状況の監視や電源のON・OFFはもちろん、アプリケーション更新やセキュリティーパッチの配布など多様な作業が統合されることのメリットは大きく、全国の大学で導入が進んでいます。

教職員の業務負荷を軽減するソリューションとしては、インクジェットプリンターで印刷できるICカードの展示も行われました。多くの学校では昇華型プリンターを使って学生証を印刷していますが、「印刷スピードが遅い」「文字かすれなど失敗が多い」「インクリボンが高価で扱いにくい」といった課題があります。キヤノンではこの課題解決のため、インクジェットプリンター対応のICカードを開発。カードプリンター「CX-G2400」で高速印刷するデモンストレーションを行いました。教育機関の事務作業は年度末から5月にかけて多忙のピークを迎えます。同ブースでは中高を中心に学校運営をサポートする校務管理ソリューション「SCHOOL AID」も展示され、事務職員の負担軽減が教育の質向上につながるソリューションを提案しました。

現場のニーズに応える各種ソリューション

会場では「in Campus」シリーズの他にも、各種のソリューションが紹介されました。ウイングアーク1stの集計・分析プラットホーム「Dr. Sum」と、データの見える化を行うダッシュボード「MotionBoard」は、学内の学部やキャンパスごとなどに散在するデータを一元管理し、価値ある情報に変えるためのツールです。蓄積したデータの有効活用は教育機関にとっても重要なテーマで今後はこれを活用し見える化したデータを「in Campus」と連携することにより、教育のPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクル高速化実現を目指していく予定です。

セキュリティーに関する展示では、サイバー・ソリューションズの「NetSkateKoban」が紹介されました。本ソリューションは学内ネットワークに不正接続された端末を検知して通信を遮断するもので、学内に持ち込まれる個人所有のスマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスといったいわゆる「BYODの管理」にスポットを当て、機能や導入効果を検証しました。同社の調べでは2017年の1年間に大学で20件以上のセキュリティー事故が発生し、7万件以上の情報が漏洩しているとのこと。デジタル教材やオンライン授業など学習形態が多様化する中、BYODの管理に対するニーズは高まっています。本ソリューションは端末と利用者を紐づける管理データベースが自動生成されるため、管理にかかる人的負担やコストを抑えることが可能です。

また、シスコシステムズも、「どこでも安全に使える無線LAN」をテーマに、教育現場で広く使われているiOSデバイス向けのセキュリティー対策として「Cisco Umbrella」「Cisco Meraki」を中心としたソリューションを展示。キャンパス内はWi-Fiルーターでアクセス管理を行い、キャンパス外では専用の端末管理アプリを利用することによる安全なモバイルデバイス活用環境を紹介しました。

未来を見据えた取り組みを推進

キヤノングループは、現在の教育現場が抱える課題解決に加え、今後教育の充実に役立つことが見込まれる事業へのトライアルを活発に行っています。今回は映像に取り組むキヤノングループを象徴する展示として、教育現場に映像を取り入れるためのきっかけとなる各種画像取り込み機器を活用した先進的なソリューションを紹介し、「映像ポートフォリオの将来像」を参考展示しました。

映像技術の進化によって高画質・高解像度なカメラが登場し、子どもたちの学ぶ姿を画像や映像で残すことは容易になっています。しかし、画像や映像をただ蓄積するだけでは、学ぶ姿勢や理解度の振り返りや保護者や進学先の学校と共有に利用するのは困難です。そこで、キヤノンが数々のノウハウを持つ映像解析技術を活用することで、目的の画像や映像を簡単に選定できる支援ツールや、広く社会に開かれた教育を実現するコミュニケーションツール、映像解析による1to1の教育支援など、映像から新たな価値を生み出す環境づくりの検討を進めています。

ブースセミナーでは実際の活用事例を紹介

ブース内に併設されたステージでは、展示されてるキヤノングループが提供する教育機関向けソリューションの解説や、実際にソリューションを運用する教育関係者によるセミナーが行われました。

電気通信大学准教授の土屋英亮様は、「自動化で迎え撃つ電気通信大学の情報セキュリティー対策」と題し、同大学における情報セキュリティー対策と、その自動化による取り組みを紹介していただきました。

明治大学情報メディア部メディア支援事務室の筧直之様からは、「全学ポータル、学修支援システム~明治大学Oh-o!Meijiシステムの導入・活用事例紹介~」として、同大学における「in Campus」シリーズの運用状況と、今後の計画を発表。同大学は「in Campus」開発当初からキヤノングループと連携してソリューションの進化を支え、現在では学生、教職員から出される要望を積極的に取り入れながら改善を重ね、現在ではキャンパスライフに欠かせない存在になっています。

近畿大学管理部省エネ推進課の米本桂子様は、「あのマグロ大学が本気で省エネに取り組んだら!?」と題し、同大学がキヤノングループとともに進めた省エネの事例を発表しました。これまでの取り組みの問題点を日々のエネルギー消費量をデータとして正確に把握する「見える化」で探り、より効果的な具体的な省エネ施策を実践。多忙な校務の合間を縫って、省エネ啓発のために学内を駆け回った苦労などが紹介されました。

ご来場ありがとうございました。

少子高齢化が進む現在、教育の現場を取り巻く状況は大きく変化しています。キヤノングループは先端のIT技術と豊富な実績をもとに、お客さまの多種多様なニーズにお応えします。商品、サービス、ITソリューション導入のご相談などございましたら、ぜひお問い合せください。

このページのトップへ