CP+2019セミナースケジュール

CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2019 すべての撮影者へ。ますます楽しく、豊かになるフォトライフを。

キヤノンブース

多様なテーマによる写真家セミナーやYouTuberによるトークショーなどを開催いたします。

2月28日(木)

時間/タイトル ステージ 登壇者 プロフィール
12時20分~12時50分

「新システムが僕に与えてくれたもの~EOS RPで撮る日本の半島~」

ライトステージ
写真家
公文 健太郎 氏
ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で幅広く活動。同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作。
12時50分~13時20分

「EOS RPとEOS Rで巡る沖縄~EOS R SYSTEMの印象~」

レフトステージ
写真家
山下 峰冬 氏
沖縄在住の風景写真家。カメラ専門誌での執筆や、雑誌・カレンダー等への作品提供等を行う。EOS学園オンライン講師。
13時20分~13時50分 ライトステージ (近日公開)
13時50分~14時20分

「EOS Rと見つめる 人と鉄道 そして生活を『つなぐ旅』」

レフトステージ
写真家
村上 悠太 氏
1987年生まれ。人と鉄道が創る生活をテーマに撮影を続ける鉄道写真家。
高校時代には北海道東川町で開催される「写真甲子園」に出場。
14時20分~14時50分

「EOS Rによる風景映像~画像処理を施すことで完了する作品表現~」

ライトステージ
写真家
石橋 睦美 氏
1947年生まれ。山岳写真から始まり、後に森林や神域を撮影テーマとする。現在は日本の原風景を中心に撮影している。
14時50分~15時20分

「街歩きスナップ 都市の色の見つけ方」

レフトステージ
写真家
鵜川 真由子 氏
株式会社松濤スタジオを退社後、アシスタントを経て独立。広告や雑誌などでポートレイトを中心に活動するかたわら作品制作を続け、個展を多数開催している。
またアパレルメーカーとのコラボ展の企画やTV出演など、写真を通じて幅広く表現活動を行っている。
15時20分~15時50分

「EOS Rで撮る みちのくポートレート旅」

ライトステージ
写真家
土屋 勝義 氏
1981年 東京工芸大学短期大学入学
1983年 六本木スタジオ
1986年 篠山紀信氏に師事
1989年 独立。CAPA表紙など活動中。
15時50分~16時20分

「テーマに合わした写真表現」

レフトステージ
写真家
椎崎 義之 氏
大阪芸術大学写真学科研究室を経てフリーランスとして活動。現在は作品制作を続けながら、キヤノンEOS学園講師等で活躍中。
16時20分~16時50分

「野鳥でR」

ライトステージ
写真家
戸塚 学 氏
愛知県生まれ。野鳥を中心に「きれい・かわいい」だけではない野鳥たちの姿を撮影。究極はニオイのする写真を目指す。
16時50分~17時20分

「EOS R 広告写真と作例写真、そしてRFレンズ新作品」

レフトステージ
写真家
望月 孝 氏
1967年東京生まれ。多摩美術大学卒業後、広告写真会社を経てフリーランスフォトグラファーとして様々なジャンルで活動中。
17時20分~17時50分

「新たな風景写真の世界へ × EOS R」

ライトステージ
写真家
GOTO AKI 氏
風景写真家。日本の風景をモチーフに、「時」と「光」を画く。
現在、写真展「terra」をキヤノンギャラリー Sで開催中。

3月1日(金)

時間/タイトル ステージ 登壇者 プロフィール
10時20分~10時50分

「これまでのカメラとはここが違う、EOS Rで狙う飛行機写真」

ライトステージ
写真家
チャーリィ古庄 氏
多数の航空会社や空港の公式カメラマンを務める旅客機専門の写真家。100か国以上で取材撮影経験あり。著書、写真集は約30冊。
10時50分~11時20分

「検証!RFレンズ RFレンズで始まるRライフ」

レフトステージ
写真家
合地 清晃 氏
岡山県生まれ。写真学校卒業後、写真家大山謙一郎氏に師事。コマーシャルフォトを中心にフリーランスとして活動。
11時20分~11時50分

「逆算の写真術 結果から導き出される写真とは?」

ライトステージ
写真家
西澤 丞 氏
「写真を通じて日本の現場を応援する」というコンセプトのもと、科学や工業に関する写真を、著作物や雑誌などで発表している。
11時50分~12時20分

「Mレンズで撮るStreet Photo」

レフトステージ
写真家
佐藤 かな子 氏
街中や旅先でのスナップ撮影・水中での撮影を行い、国内外で作品発表や個展開催をしている。EIZO ColorEdge グローバルアンバサダー就任。
12時20分~12時50分

「EOS RとEF400mm F2.8L IS III USMで狙う、ラグビーの魅力」

ライトステージ
写真家
水谷 たかひと 氏
1968年東京生まれ。1990年東京総合写真専門学校卒業と同時に渡仏し、3年後に帰国。拠点を日本に移しスポーツイベントを追いかける。
株式会社マイスポーツ出版代表取締役。
12時50分~13時20分

「RFレンズ&EOS Rで広がる芸術的撮影の魅力」

レフトステージ
写真家
石井 秀俊 氏
幸せな気持ちになれる写真を届けたい「おしゃれフォト」をテーマに美しい仕上がりを探求する作品・講師活動を行なっています。
13時20分~13時50分

「日経ナショナルジオグラフィック誌連載広告『ふっと幸せ・生命がいちばん輝く瞬間』を撮る。」

ライトステージ
写真家
福田 幸広 氏
「どうぶつたちの幸せの瞬間」を撮影テーマに1年のほとんどをフィールドで過ごしている。近著には「クルミの森のニホンリス」小学館。
13時50分~14時20分

「- EOS RPで撮る - 愛すべきもの×暮らし」

レフトステージ
写真家
鈴木 さや香 氏
写真家山岸伸氏に師事。日常写真から広告撮影まで、幅広く被写体と向き合う。一般社団法人 写真と暮らし研究所代表。
14時20分~14時50分

「EOS Rが魅せる鉄道風景」

ライトステージ
写真家
長根 広和 氏
1974年横浜市生まれ。鉄道車両の機能美や力強さを表現した写真に定評がある一方、ドラマチックな鉄道風景写真にファンが多い。
14時50分~15時20分

「インド クンブメーラ 2019~数千万人が集まるお祭り!?」

レフトステージ
写真家
名越 啓介 氏
×
アートディレクター/グラフィックデザイナー
町口 景 氏
1977年奈良県生まれ。雑誌やカタログ、広告等で活躍する一方、写真集や写真展で作品を発表。2017年「写真の会」賞受賞。
(名越 啓介 氏)
1975年生まれ。写真集のデザイン・写真構成をはじめ、CDジャケットのグラフィックデザインや書籍の装丁などを幅広く手掛け、常に表現者たちと徹底的に向き合い、独自の姿勢でものづくりに取り組んでいる。
(町口 景 氏)
15時20分~15時50分

「EOS Rで撮る、美しい情景」

ライトステージ
写真家
米 美知子 氏
アマチュア時代には全国規模コンテストで数々の賞を受賞。「夢のある表情豊かな作品」をテーマに、北海道から西表島まで日本の森と色彩美を撮り続けている。
15時50分~16時20分

「『ソラヲミアゲテ』~EOSで彩るヒコーキ写真~」

レフトステージ
写真家
A☆50 / Akira Igarashi 氏
魂の航空写真家。TV出演、雑誌連載、大手航空会社&機体メーカーのオフィシャル撮影など各方面で活躍中。
絶景ヒコーキ写真を求めEOSとともに全国を駆け巡ります!わずかな一瞬を切り取る技はまさに「☆ISM」。
16時20分~16時50分

「EOS RP 熱情之印度」

ライトステージ
写真家
竹沢 うるま 氏
1977年生まれ。写真家。世界各地を旅しながら撮影。訪れた国と地域は150を超す。
16時50分~17時20分

「EOS RPが創り出すドローングラフィの可能性と秦達夫の世界」

レフトステージ
写真家
秦 達夫 氏
1970年長野県飯田市(旧南信濃村)出身。写真家竹内敏信氏の助手を経て独立。写真集多数。様々なジャンルの撮影を行う。
17時20分~17時50分

「風景を見つめる二人の視点」

ライトステージ
写真家
中西 敏貴 氏
×
写真家
GOTO AKI 氏
2012年に大阪から美瑛町へ移住。そこに住まう者としての視点を重視しつつ、農、光、造形をテーマとした作品作りに取り組む。
(中西 敏貴 氏)
風景写真家。日本の風景をモチーフに、「時」と「光」を画く。
現在、写真展「terra」をキヤノンギャラリー Sで開催中。
(GOTO AKI 氏)

3月2日(土)

時間/タイトル ステージ 登壇者 プロフィール
10時20分~10時50分

「EOS Rと旅するニュージーランド~新たな旅のはじまり~」

ライトステージ
写真家
中西 敏貴 氏
2012年に大阪から美瑛町へ移住。そこに住まう者としての視点を重視しつつ、農、光、造形をテーマとした作品作りに取り組む。
10時50分~11時20分

「EOSで撮る犬写真」

レフトステージ
写真家
中村 陽子 氏
大阪市生まれ。カナダ トロント市在住中に犬と暮らしをはじめペットの撮影を始め写真家となる
現在風景の中の美しい犬の姿を写すことが最大のテーマ
11時20分~11時50分

「地球創生」

ライトステージ
写真家
野町 和嘉 氏
1946年生まれ、1972年のサハラ砂漠への旅をきっかけに、アフリカを取材。‘80年代後半から、過酷な風土を生き抜く人々の営みと信仰をテーマに世界を広く取材。
11時50分~12時20分

「決定的瞬間は偶然ではない~一味違うスポーツ報道写真の撮り方~」

レフトステージ
写真家
奥井 隆史 氏
1996年よりフリーランスとして活動
陸上競技を中心にアウトドアスポーツやスポーツフィッシングを含め様々なスポーツを撮影
12時20分~12時50分

(近日公開)

ライトステージ
YouTuber
ジェットダイスケ 氏
ビデオアート系の映像作家として活動開始。
国内外にて受賞歴・上映歴がある。日本で最初の動画レビュアー。
12時50分~13時20分

「ストロボで広げる写真の世界」

レフトステージ
写真家
清水 友渉 氏
日本デザイナー学院卒業後、コマーシャルスタジオを経て独立。ファッション誌、建築誌、コマーシャルなど多彩なフィールドで精力的に活躍中。
13時20分~13時50分

「Snap in Europe」

ライトステージ
写真家
立木 義浩 氏
1937年徳島県生まれ。1958年東京写真短期大学写真技術科卒業後、アドセンターに入社。1969年にフリーランスとなり、女性写真の分野やスナップ・ショットで多くの作品を発表。広告、雑誌、出版などの分野で活動し、現在に至る。
13時50分~14時20分

「すぐに使える!光と会話を生かすポートレート術」

レフトステージ
写真家
青山 裕企 氏
×
フォトテクニックデジタル 編集長
藤井 貴城 氏
1978年名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。
2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。作品に「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」など。
(青山 裕企 氏)
1965年生まれ、千葉県出身。早稲田大学第二文学部卒業。
1990年、株式会社玄光社に入社。
2005年創刊の雑誌「フォトテクニック デジタル」の編集長。
(藤井 貴城 氏)
14時20分~14時50分

「今年もやります!鉄×空」

ライトステージ
写真家
ルーク・オザワ 氏
×
写真家
長根 広和 氏
1959年2月東京生まれ。風景とヒコーキをシンクロした情景的ヒコーキ写真の第一人者。テレビ、ラジオ、セミナー、トークイベントと幅広く活躍中。
(ルーク・オザワ 氏)
1974年横浜市生まれ。鉄道車両の機能美や力強さを表現した写真に定評がある一方、ドラマチックな鉄道風景写真にファンが多い。
(長根 広和 氏)
14時50分~15時20分

「出会いを写真にかえる~EOS RPとRF35mmで歩く旅~」

レフトステージ
写真家
公文 健太郎 氏
ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で幅広く活動。同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作。
15時20分~15時50分

「ワイルドライフで活躍するEOSとレンズ群~フィッシュアイから超望遠まで~」

ライトステージ
写真家
前川 貴行 氏
世界中をフィールドに野生動物の生きる姿をテーマに撮影に取り組み、雑誌、写真集、写真展など多くのメディアでその作品を発表。
15時50分~16時20分

「EOS RPとRF35mm f1.8 MACRO IS STMで撮る旅写真」

レフトステージ
写真家
鶴巻 育子 氏
広告撮影、写真雑誌の執筆、ワークショップなど幅広く活動中。ライフワークでは国内外の街スナップや人物を撮影し精力的に作品を発表。
16時20分~16時50分

「EOS Rで撮る、美しい情景」

ライトステージ
写真家
米 美知子 氏
アマチュア時代には全国規模コンテストで数々の賞を受賞。「夢のある表情豊かな作品」をテーマに、北海道から西表島まで日本の森と色彩美を撮り続けている。
16時50分~17時20分

「写真を1,000倍楽しむためのプリントテクニック」

レフトステージ
写真家
橋向 真 氏
×
写真家
沖 昌之 氏
×
デジタルカメラマガジン 編集長
福島 晃 氏
静岡県生まれ。2016東京カメラ部10選。富士山の変幻夢幻な表情を追い求め活動している。電子書籍「感動の富士景100選」富士フイルムクリエイトプリント販売。2019年富士山カレンダー(エイ出版)発売中
Twitter:@hashimuki
Instagram:@hashimuki
(橋向 真 氏)
1978年、兵庫県生まれ。猫写真家。アパレル勤務、宣伝用人物・商品の撮影担当を経て2015年に独立。Instagramフォロワー10万人(2018年10月末現在)。写真集に『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』ほか。
Twitter:@okirakuoki
Instagram:@okirakuoki
(沖 昌之 氏)
1968年、東京都生まれ。東海大学航空宇宙学科卒業後、ソフトバンクに入社。月刊PC、Hello! PC、PC USERなどのパソコン雑誌の編集に携わり、2002年にカメラ雑誌「デジタルフォト」を創刊、編集長となる。その後、フリーの編集者を経て、2013年にインプレスに入社、「デジタルカメラマガジン」の編集長となる。趣味は写真と車とアニメ。
(福島 晃 氏)
17時20分~17時50分

「超望遠フラックシップレンズで切り取るフォーミュラカーの世界」

ライトステージ
写真家
熱田 護 氏
1963年三重県鈴鹿市生まれ。85年ヴェガインターナショナル入社。坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。92年よりフリーランスとしてF1をはじめとするモータースポーツや市販車の撮影を行う。

3月3日(日)

時間/タイトル ステージ 登壇者 プロフィール
10時20分~10時50分

(近日公開)

ライトステージ
YouTuber
ジェットダイスケ 氏
ビデオアート系の映像作家として活動開始。
国内外にて受賞歴・上映歴がある。日本で最初の動画レビュアー。
10時50分~11時20分

「EOS RPで子ども撮影三昧」

レフトステージ
写真家
小澤 太一 氏
人物撮影が得意ジャンル。今年のお正月はサハラ砂漠でひと月過ごす旅好きな写真家。普段は二歳半の娘に、日々翻弄されつつ写真を撮っている。
11時20分~11時50分

「ゴッホの国の笑顔の人たち」

ライトステージ
写真家
テラウチ マサト 氏
1954年富山県生まれ。ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。2019年4月写真集「ゴッホの歩いた道」出版予定。
11時50分~12時20分

「素晴らしきプリントの世界」

レフトステージ
写真家
鈴木 さや香 氏
写真家山岸伸氏に師事。日常写真から広告撮影まで、幅広く被写体と向き合う。一般社団法人 写真と暮らし研究所代表。
12時20分~12時50分

「EOS RPと歩くメルボルン」

ライトステージ
写真家
榎並 悦子 氏
「一期一会」の出会いを大切に、人物や自然、風習、高齢化問題など幅広いフィールドをしなやかな視点でとらえ続けている。
12時50分~13時20分

「EOS Rで魅せる787 Dreamliner 光と影。」

レフトステージ
写真家
岡本 豊 氏
大阪芸術大学卒業後、広告写真、ポートレートを撮影。ボーイング787デビューをきっかけに航空機撮影に主眼を置き現在、月刊エアライン誌にて「Go! Go! 787」を連載中。
13時20分~14時10分

「REPEAT~それぞれのニューヨーク~」

ライトステージ
写真家
立木 義浩 氏
×
市原 隼人 氏
1937年徳島県生まれ。1958年東京写真短期大学写真技術科卒業後、アドセンターに入社。1969年にフリーランスとなり、女性写真の分野やスナップ・ショットで多くの作品を発表。広告、雑誌、出版などの分野で活動し、現在に至る。
(立木 義浩 氏)
EOSと同じ1987年生まれ。2001年に映画「リリイ・シュシュのすべて」の主演としてデビュー。2004年には「偶然にも最悪な少年」で日本アカデミー賞新人賞受賞。映画やドラマなど主演作品多数。またフォトグラファーとしての活動も開始。短編映画やMV等の監督も務める。
(市原 隼人 氏)

注意事項

  • このセミナーのみ、整理券制となっております。
    前のセミナーが終わり次第「完全入替」となりますこと、ご了承ください。
  • 入場整理券は、キヤノンブース ライトステージ横にて3月3日(日)10時から配布いたします。
    配布数は先着順に、座席指定エリア90枚、立見エリア40枚です。
    座席及び立見場所の指定はできかねますこと、ご了承ください。
  • 整理券配布終了次第、受付を締め切らせていただきます。
  •  

整理券配布場所

14時~14時30分

「EOS Rで魅せるスポーツ写真」

レフトステージ
写真家
築田 純 氏
×
写真家
中西 祐介 氏
東京綜合写真専門学校卒業後、写真家・水谷章人氏に師事。
アフロスポーツに在籍の後、再びフリーで活動を始める。
第5回東川賞新人作家賞受賞。
(築田 純 氏)
1979年東京生まれ
東京工芸大学芸術学部写真学科卒業
講談社写真部、アフロスポーツを経て2018年よりフリーランス。
(中西 祐介 氏)
14時30分~15時

「いい写真の予感。EOS RP in CROATIA」

ライトステージ
写真家
鶴巻 育子 氏
広告撮影、写真雑誌の執筆、ワークショップなど幅広く活動中。ライフワークでは国内外の街スナップや人物を撮影し精力的に作品を発表。
15時~15時30分

「水中撮影の魅力を大公開!コンデジからデジイチまで、ウミウシからクジラまで!」

レフトステージ
写真家
鍵井 靖章 氏
多彩な視点と色使いで水中写真のポピュラリズムを担う。2018年度「キヤノンフォトサークル」誌でネイチャー部門の審査を担当
15時30分~16時

「あ~る日、とあ~る鉄道写真をEOS Rで撮ったら、スゴかったのであ~る!」

ライトステージ
写真家
山崎 友也 氏
鉄道写真の専門家集団「レイルマンフォトオフィス」代表。独自の視点から鉄道写真を多彩に表現し、出版や広告など幅広い分野で活動中。
16時~16時30分

「『Japanesque』~日本的な『情』を感じる風景~」

レフトステージ
写真家
山本 学 氏
1975年兵庫県出身。大阪芸術大学写真学科出身。日々作品制作をする傍ら、EOS学園大阪校など写真教室・クラブで指導。(公社)日本写真家協会会員。
16時20分~16時50分

「Rで捉えた情景的ヒコーキ写真」

ライトステージ
写真家
ルーク・オザワ 氏
1959年2月東京生まれ。風景とヒコーキをシンクロした情景的ヒコーキ写真の第一人者。テレビ、ラジオ、セミナー、トークイベントと幅広く活躍中。

キヤノンフォトサークル会員限定ラウンジ

講師や仲間と出会えるキヤノンの写真サークル「キヤノンフォトサークル」会員限定のラウンジでもセミナーを開催しています。
セミナーのスケジュールなどの詳しい内容は、こちらをご覧ください。

このページのトップへ