事業展開|About US

事業展開

キヤノンマーケティングジャパンは、「コンスーマ(個人)領域」「エンタープライズ(大企業)領域」
「エリア(中堅・中小企業)領域」「プロフェッショナル(特定専門分野)領域」の4つの事業領域において
製品・サービス、ソリューションを提供しています。

Business Unit コンスーマ領域 エリア領域 プロフェッショナル領域 エンタープライズ領域

コンスーマ領域

写真や映像のさまざまな魅力を伝え人々のくらしを豊かにする
個人のお客さま向けにデジタルカメラ、インクジェットプリンターなどを提供し、フォトライフの充実に貢献します。
新たなキヤノンファンを増やす
「顧客視点で新しい価値を創出し、それを継続的に提供する」という方針のもと、イメージング技術を用いてお客さまの「くらし」を豊かにする取り組みを進めています。新たなキヤノンファンを増やすべくEコマース領域にも注力中です。

エンタープライズ領域

多彩なソリューションでお客さまの経営課題を解決する
大手企業向けに、業種ごとに異なる経営課題を解決するためのキヤノンの入出力機器やソリューションを提供します。
大手企業の協創パートナーへ
お客さまと経営課題を共有し、ともに手を携えて解決に取り組む「共創パートナー」として、ITによる業務生産性の向上やIT投資すべき分野の見極めといった課題に向き合い、デジタルビジネス領域の強化に挑みます。

エリア領域

お客さまに寄り添い経営課題を解決する
全国の中堅・中小企業向けに、経営課題の解決に寄与するキヤノンの入出力機器やソリューションを提供します。
地域密着型マーケティングを支援
中堅・中小企業にとっての「ITコンシェルジュ」として、地域に密着したエリアマーケティング推進という旗印のもと、日本全国のお客さまが抱える経営課題の解決に取り組み、顧客価値の最大化に努めています。

プロフェッショナル領域

高い専門性と最先端のノウハウで各業界の専門領域をサポートする
産業機器やヘルスケアなど各専門領域のお客さま向けにソリューションを提供します。
海外パートナーとの連携強化も
とくに産業機器部門においては「Beyond CANON、Beyond JAPANの推進」をテーマに、海外のパートナーとの連携強化も図りながら、技術商社としてプロフェッショナルサービスの拡大を目指しています。

キヤノンマーケティングジャパンは、
これら4つの事業領域を深耕することによって
お客さまの企業価値を高め、よりよい未来を切り拓いていきます。