プロ・ハイアマ向け大口径超望遠レンズ2機種を発売大幅な小型・軽量化と高画質を両立

2022年2月24日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロフォトグラファーやハイアマチュアユーザー向けの大口径超望遠レンズ“RF800mm F5.6 L IS USM”および“RF1200mm F8 L IS USM”を5月下旬に発売します。

 RF800mm F5.6 L IS USM
RF800mm F5.6 L IS USM
 RF1200mm F8 L IS USM
RF1200mm F8 L IS USM

“RF800mm F5.6 L IS USM”および“RF1200mm F8 L IS USM”は、大口径超望遠レンズとして大幅な小型・軽量化※1を実現した「L(Luxury)」レンズです。「RF400mm F2.8 L IS USM」および「RF600mm F4 L IS USM」(両機種ともに2021年7月発売)と合わせて、RFレンズの「超望遠単焦点Lレンズシリーズ」のラインアップを拡充し、ユーザーの多様な撮影ニーズに応えます。

おもな特長

光学技術を応用し大幅な小型・軽量化と高画質を両立

“RF800mm F5.6 L IS USM”および“RF1200mm F8 L IS USM”は、高い機動性と高画質を実現した「RF400mm F2.8 L IS USM」および「RF600mm F4 L IS USM」の光学系を受け継ぎ、本体後部に独自の拡大光学系を配置することで小型・軽量化と高画質を両立しています。ミラーレスカメラ用の大口径超望遠レンズとしては極めて軽量な焦点距離800mm/1200mmのレンズの登場により、野生動物、航空機、スポーツなどの撮影シーンでユーザーの撮影領域の拡大に貢献します。

最長焦点距離1600mm/2400mm相当の超望遠撮影が可能

“RF800mm F5.6 L IS USM”および“RF1200mm F8 L IS USM”に焦点距離をそれぞれ1.4倍、2倍に伸長する別売りの「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」(両機種ともに2020年発売)を装着することで、最長焦点距離1600mm/2400mm相当の超望遠撮影が可能です。エクステンダー装着時もAFや手ブレ補正機能が使用できます。カメラの高感度化とレンズの長焦点化によって、空港・港湾・河川などの監視用途への活用も期待されます。

「Lレンズ」にふさわしい耐久性と信頼性を追求

太陽光に含まれる赤外線の反射率を高めた遮熱塗料を採用し、炎天下における屋外スポーツなどの長時間撮影でも、レンズの温度上昇を抑制します。また、マウント部、スイッチ部、フォーカスリングなどに防じん・防滴構造を採用※2し、最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズにふさわしい信頼性を確保しています。

  • ※1.
    “RF800mm F5.6 L IS USM”は質量約3,140g、“RF1200mm F8 L IS USM”は質量約3,340g。
  • ※2.
    防じん・防滴に配慮した構造になっていますが、砂じんや水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

提供価格・発売予定日

商品名
RF800mm F5.6 L IS USM
価格
オープン価格
発売日
2022年5月下旬
商品名
RF1200mm F8 L IS USM
価格
オープン価格
発売日
2022年5月下旬

関連情報

商品紹介ページ
商品の詳しい情報、仕様については、下記からご確認ください。

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

お客さまからのお問い合わせ先

お客様相談センター
電話番号:0570-08-0002
  • 受付時間:平日 ・土9時00分~17時00分(日祝休日と年末年始弊社休業日は休ませていただきます。)
  • おかけ間違いが大変多くなっております。番号を今一度ご確認の上おかけください。

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方は、下記リンク先よりお問い合わせください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書、その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。