広角ズームレンズ“RF14-35mm F4 L IS USM”を発売 焦点距離14mmの超広角撮影とズーム全域での高画質を実現

2021年6月29日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの広角ズームレンズ“RF14-35mm F4 L IS USM”を2021年9月下旬に発売します。

 RF14-35mm F4 L IS USM

おもな特長

“RF14-35mm F4 L IS USM”は、焦点距離14mmの超広角撮影を実現し、描写性能や操作性、堅牢(けんろう)性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズです。「RFレンズ」のラインアップに、ズーム全域で開放F値4の高画質と携帯性を両立した広角ズームレンズを加えることで、広角・標準・望遠からなる「F4 L IS USM ズームレンズシリーズ」としてユーザーの多様なニーズに応えます。

表現の幅を広げる焦点距離14mmから35mmの広角ズームレンズ

焦点距離14mmの超広角撮影を実現しています。現行のEFレンズ※1と比較して焦点距離が2mm広角化することで、より広がりのある映像表現や、遠近感を強調した撮影が可能です。14mmから35mmの焦点距離をカバーすることで、風景や建築、スナップ、ポートレートなど多様な撮影シーンに対応します。

ズーム全域での高画質と小型・軽量を両立

「UDレンズ※2」2枚、「UD非球面レンズ」1枚、「ガラスモールド非球面レンズ」2枚を含む12群16枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、ズーム全域で中心部から周辺部までの高画質を実現しています。さらに、カメラ側の電子歪曲収差補正※3を生かした小型・軽量設計により、全長約99.8mm、質量約540gの優れた携帯性を実現しています。

シャッタースピード換算で7.0段の手ブレ補正

「EOS R5」(2020年7月発売)装着時は、ボディー内の手ブレ補正機構と協調制御することで、静止画撮影時に7.0段※4の手ブレ補正効果を実現し、動画撮影時も高い手ブレ補正効果を発揮します。また、ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」(2018年10月発売)装着時も、レンズ内光学式手ブレ補正機構により5.5段※4の手ブレ補正効果を実現しています。

  • ※1.
    「EF16-35mm F4L IS USM」(2014年6月発売)。
  • ※2.
    「UD(Ultra low Dispersion=特殊低分散)ガラス」を用いたレンズ。
  • ※3.
    画像処理で歪曲収差を補正すること。
  • ※4.
    焦点距離35mm時。CIPA規格に準拠。Yaw/Pitch方向。

提供価格・発売予定日

商品名
 RF14-35mm F4 L IS USM
価格
 オープン価格
発売日
 2021年9月下旬

関連情報

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

お客さまからのお問い合わせ先

お客様相談センター
電話番号 0570-08-0002
  • 受付時間:平日 9時00分~17時00分(土日祝休日と年末年始弊社休業日は休ませていただきます。)
  • おかけ間違いが大変多くなっております。番号を今一度ご確認の上おかけください。

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方からのお問い合わせは、下記リンク先よりお問い合わせください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。