素直な気持ちと お礼の心で 相手との信頼関係をつくる製品サポートスタッフ 佐伯 明子

現在の仕事

現在は製品サポートのカメラ部門のチームSV(スーパーバイザー)という立場でチームの運営管理をしています。チームメンバーを教育・育成することが主な仕事です。カメラは毎年多くの新製品が発売されるため、それに関わる製品知識を常に勉強していかなければなりません。またチームSVという仕事では他部門とのコミュニケーションも大事になってきます。

仕事の魅力

コミュニケータの仕事をしていた時は自分自身がお客さまから「ありがとう」という喜びの声をいただくことにやりがいを感じていました。しかし現在はチーム内のコミュニケータがお客さまから感謝の言葉や喜びの言葉をいただいた時に同じくらい嬉しさを感じています。こうした経験を積んでコミュニケータが成長していく姿を見ることができるのが今のやりがいです。また誰かが困っているときには、みんなで協力して助け合う雰囲気があります。こうしたチームワークを大切にしているところがこの仕事の魅力です。

現在の目標

仕事においてコミュニケーションを円滑にするために大切にしていることは、真面目で誠実な気持ちを持つこと。相手に物事を伝える際、また頼る時にも素直な気持ちでお礼とお詫びの気持ちを欠かさないこと。これらが相手にも伝わって信頼関係につながると考えます。

「アフターサービスが良いからキヤノン製品を使い続けます」とお客さまから言っていただけるようになることが私の目標です。

応募者に向けて一言

キヤノンカスタマーサポートは、出産や育児のための休暇や休業制度が整っているので、女性にとっても安心して働き続けることができる会社だと思います。私も育児休業を取得しました。多くの社員がこの制度を利用し、復職後も活躍しています。私自身、先輩や同僚の理解とサポートにとても助けられて仕事を続けることができています。

仕事面で困っている時も、直ぐにサポートできる体制が整っているので安心してください。

スタッフインタビュー

  • 社員名は仮名を使用しています。