コミュニケータを助ける頼りになる存在製品サポートスタッフ 津田 里美

現在の仕事

コミュニケータの仕事を数年経験し、現在はコミュニケータをサポートするスーパーバイザー(SV)を担当しています。SVの仕事はチーム内のコミュニケータが電話応対に困ったとき、手助けをすることです。お問い合わせの中には電話を代わって自分自身で応対することや、複雑なトラブルでなかなか解決できない事もあります。これまでの知識と経験を活かし、コミュニケータに最適な解決方法をアドバイスしなければなりません。頼りになる存在であると同時にとてもやりがいのある仕事です。

仕事で大切にしていること

電話は顔が見えないため、声だけで気持ちを伝えることはとても難しいことです。私は電話であっても笑顔を大切にしています。そのために、デスクには鏡を置いて常に自分自身の表情をチェックしています。顔の表情は電話を通じてお客さまに必ず伝わるものだと思います。

職場の雰囲気

職場は女性が多く、何でも相談し合える明るい雰囲気です。休憩時間にはリフレッシュルームで一緒にランチを楽しんでいます。

また、職場内で結成しているマラソン部に所属しており、現在10人ほどで活動しています。オフの日は一緒に大会に出場するなどプライベートでも大切な仲間です。

応募者に向けて一言

キヤノンカスタマーサポートは社員一人一人が成長の機会を与えられ、頑張りを認めてくれる会社だと思います。そして助け合う意識をみんなが持っています。私も中堅社員として、また後輩をリードしていく立場として今後は会社に貢献していくことができたらと思います。

1日1日達成感を感じながら働ける会社です。一緒に働くことを楽しみにしています。

スタッフインタビュー

  • 社員名は仮名を使用しています。