お客さまの立場でお応えすること製品サポートスタッフ 大野 達彦

現在の仕事

入社以来、製品サポートでコミュニケータの仕事をしています。お客さまからの電話でのお問い合わせに対して、操作方法をお伝えするのが主な仕事です。時にはデスクを離れ、お客さまと同じ機種を操作しながら解決方法をご案内することもあります。最近では新人教育の一部も任されるほど知識もアップしました。

入社の理由

学生時代、アルバイトでホテルのレストランでウェイターを経験し、「人の役に立つ仕事がしたい」と、その時から思うようになりました。そして地元で安定して働ける会社を探しておりましたが、面接で会社を訪れたとき、社員の方がたに元気に挨拶してもらい、とても良い印象を持ち入社を決めました。入社した今でも楽しく仕事ができています。

現在の目標

現在の目標は「電話応対コンクール」で上位入賞を目指すことです。電話応対コンクールとは電話応対とトーク技術のレベルアップを図ることを目的に全国の都道府県で毎年開催されているコンクールです。各企業から参加者が集まり、電話応対サービスの技能を競い合います。昨年の出場経験を活かし、今年は目標を大きく“全国大会優勝”を目指して頑張ります。そして将来は電話の品質向上を教育できる人になることが目標です。

応募者に向けて一言

この仕事の魅力は、お客さまが何を求めているのか、何に困っているのかを素早く把握し解決する方法を導き出すことによって、「ありがとう」の言葉をもらえることです。
製品サポートの仕事は、嬉しいこと楽しいことがたくさんあり、多くの経験を積むことができます。対面で話すことが苦手な人でもコミュニケーション力を高めることができるようになるので、そんな人にも勧めたい仕事です。

スタッフインタビュー

  • 社員名は仮名を使用しています。