従業員との関わり|人材育成

キヤノンMJでは、三自の精神に基づき、自発的な学びを尊重しながら、必要な支援を行うことで、ひとりひとりが学び、成長を描ける人材育成を目指しています。

目指す人材育成のあり方

個人が成長するためには、研修という場だけでは十分ではなく、周りからのフィードバックで気づきを得たり、日々のトレーニングを積み重ねることが大切です。
そのため、全体研修を担う人事部門と、専門教育を担う所属部門、そして日々の業務をマネジメントする職場の上司が三者一体となって、社員ひとりひとりの「経験」をデザインし、成長を支援します。

学びの充実

学ぶ内容は、多岐にわたります。マーケティング企業として全員が担う共通ビジネススキルに加えて、キヤノンMJグループの事業戦略に根差したITスキル教育、さらには職種や担当分野に求められる専門教育を積み上げていきます。

研修体系

教育・研修体系

研修は、ステージアップした際のトランジション(移行)を支援する階層別研修と、全員を対象としたオンライン研修を実施しています。階層別研修では、スキルの研鑽とマインドセットで、具体的にイメージしたありたい姿を目指します。
さらに、誰もが三自の精神を発揮して自己研鑽がはかれるように、プロジェクトマネジメントや語学、PCスキルなどスキルを補うメニューを拡充しています。
ひとりひとりが学びつづける風土の醸成が大切だと考えているのです。

具体的に身に着けたい力としては、考える力と実行する力さらに人を巻き込む力が重要と考え、それらを、キヤノンMJとして求めるスキルに表現して体系化しています。
これにより、自らの位置けを確認するとともに、入社してからの成長をイメージできるようにしています。個々のスキルは、研修などで理論を学び、日々の実践でトレーニングすることで習得し、ひいては組織の力として発揮することを目指しています。

海外(アジア)トレーニー制度

将来のグローバル人材を輩出するために、アジア地域において現地の言語や文化・商習慣に精通したプロフェッショナル人材を育成することを目的として、若手人材をキヤノングループの海外現地法人拠点に派遣し、現地で語学研修や実務研修を行う「海外(アジア)トレーニー制度」を実施しています。これは、キヤノン株式会社における研修プログラムのひとつであり、グループの制度利用者が将来の有力な海外出向者候補となることを目指しています。

キャリア形成支援

社内公募制度

自らのキャリア形成を積極的に考えることも大切です。キヤノンMJグループでは、新しいポジションに果敢にチャレンジすることを促すとともに、グループ内における人材の活性化を図ることを目的として、社内公募制度「JOBS(Job Opening Bulletin System)」を実施しています。