ダイバーシティCSRの基盤となるテーマ5

公平・公正を基本としたダイバーシティの浸透

  • 「自己評価」の表記は、「計画以上」を◎、「計画通り」を○ 、「計画未達」を△で表しています。

全社での「働き方改革」の実施など、公平・公正を意識した働き方・職場風土の醸成のさらなる向上

実施会社:キヤノンマーケティングジャパングループ

2020年の実績

  • 「働き方改革推進プロジェクト」を立ち上げ、グループ全体で生産性を高めるための働き方を推進
  • 新任管理職に向け、公平・公正を意識した部下の評価・育成の研修を実施
  • 評価納得度向上のため管理職研修を実施
  • 時間外労働の削減、業務の効率化などの取り組みを実施

社内異動公募制度による自発的なキャリア形成機会の提供

実施会社:キヤノンマーケティングジャパングループ

2020年の実績

社内公募制度の定期的な実施

上長とのキャリアに関する面談を定期的に実施

実施会社:キヤノンマーケティングジャパングループ

2020年の実績

  • 上長と部下の面談を定期的に実施(中間・評価の年2回)
  • 1on1を活用した部下のキャリア形成支援

障がい者が働きやすい環境の整備

実施会社:キヤノンマーケティングジャパングループ

2020年の実績

  • 障がい者の働きやすい環境を整備するために、就業している障がい者の方にヒアリングを実施
  • 必要に応じて個別の改善策の実施
  • 調査結果を分析し、各部門に共有