つたえよう

やってみよう

  • 興味を持った生きものを絵にかいてみよう!
  • きれいな風景をカメラで撮影してみよう!
  • 植物の成長を記録して、みんなに伝えてみよう!
  • 近所の生きものや植物をみんなで調べて、発表しあってみよう!

みんなの活動の紹介

高知タンポポチャンネル その3

第3回目はタンポポ調査の終了報告を兼ね、タンポポ調査事務局の仕事場を紹介しました。前回のタンポポキャップの頭花は、なんと綿毛に!今回で休止するこのチャンネルですが、たくさんの反響をいただくことができました!

2020年10月 by 公益財団法人高知県牧野記念財団

初夏の湿地を彩るカキラン

この日は日当たりのよい湿った土地に生育するカキランが花を咲かせていました。花色が柿の実の色に似ていることから、カキランと名付けられています。派手すぎない、風情のある美しい色です。

2020年10月 by 公益財団法人高知県牧野記念財団

遠山湿地散策会

防除活動で汗をかいた後は、地元の方が保全活動をしている湿地で散策会を行いました。皆さん、しゃがみ込んで熱心に観察・写真撮影をしています。植物を愛する人たちには、心癒やされる時間です。

2020年10月 by 公益財団法人高知県牧野記念財団

昆虫調査隊!

虫嫌いの子供たちが多い中、昆虫を捕まえてじ~っと観察したよ。

2020年10月 by NPO法人 三段峡-太田川流域研究会

熱心に自然観察メモ

とてもオーソドックスですが、やはり自然観察会で見たもの聞いたことをメモすることは、生き物の新しい知識や体験を記憶に残し、ほかの人に伝えるための重要な手法です。

2020年10月 by NPO法人 里山倶楽部

生き物をお絵描きしよう その1

お絵描きの前に、貝殻浜の生き物を解説付きで観察しました。水槽の中から気に入った生き物を選んでミルソーに入れ、詳しく観察しながらお絵描きをしました。

2020年10月 by 貝殻浜生物調査隊

和白干潟を写そう!! その2

干潟で主にカニたちを撮影しました。干潟に小さな生き物がたくさんいることをしっかりと記録してもらいました。

2020年10月 by ウエットランドフォーラム

日本自然保護協会より

コロナ禍で、自然観察会の形も工夫が求められています。時に、リアルの自然観察が困難な今こそ、写真が持つ広報力を活かしたコミュニケーションの可能性を開拓していただきたいです。

和白干潟を写そう!! その1

コロナ禍での開催でした。和白公民館さまの協力で感染予防に配慮していただき、楽しく、有意義な写真教室になりました。

2020年10月 by ウエットランドフォーラム

カメラで撮影してみよう!

1. 大人と一緒に撮影しよう!

自然の中には、危険な生き物がいたり、危険な場所があるよ。撮影するときは、大人と一緒に安全に楽しもう。

2. 自然を大切にして撮影しよう!

無断で草花を摘んで持ち帰ったり、野鳥や動物にえさをあげないでね。野鳥や動物を撮影するときは、フラッシュなしで撮影しよう。

3. カメラを大切に扱おう!

カメラを落としたり、水にぬらさないように注意してね。

上手に撮影するコツ

わきをしめて両手でしっかりとカメラを持つと安定するよ。

いろんな角度から撮影してみよう!

正面から撮った写真

下から撮った写真

「よこ」だけでなく「たて」にして撮る

上から撮った写真

近くで撮影してみよう!

離れて撮った写真
近づいて撮った写真

同じ場所を違うタイミングで撮影してみよう!

群馬県赤谷川源流部の四季 提供:(公財)日本自然保護協会

春~夏に撮った写真

秋に撮った写真

冬に撮った写真

イベント

こちらで皆さんが参加できるイベントを紹介しています。