つたえよう

やってみよう

  • 興味を持った生きものを絵にかいてみよう!
  • きれいな風景をカメラで撮影してみよう!
  • 植物の成長を記録して、みんなに伝えてみよう!
  • 近所の生きものや植物をみんなで調べて、発表しあってみよう!

みんなの活動の紹介

プロジェクト紙芝居

プロジェクトの経緯・経過・課題をまとめた紙芝居です。このプロジェクトに初めて参加する高校生に、この紙芝居を使ってプレゼンしました。初めて自然再生の現場を目にした高校生の皆さん、まずは驚いておられました。これからのアクションに期待しています。

2021年8月 by 一般社団法人自然再生と自然保護区のための基金

下平井水辺の楽校の泥干潟保全活動

荒川ブラックスーツ団が清掃活動、生きもの調査、水質のパックテストをコーディネートしました。
BS朝日のバトンタッチでも様子が放映されました。

2021年9月 by 特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム

農園での野菜栽培

種から育てた野菜も大きくなりました!今年は気候変動も大きく野菜にとって厳しい年でした。ダメかと思った野菜も自力で復活する様子に驚きと感動がありました。

2021年9月 by のまはら

オニヤンマの産卵を目撃!

稲刈りの日。水路にぴょんぴょんと飛び跳ねるオニヤンマを発見!なんどもなんども飛び跳ねて水の中の岩に産卵をしていました。この後、オスのオニヤンマがメスに突撃して、交尾が始まりました!

2021年9月 by 一般社団法人風土人

和白干潟調査/自主研究2

ガタレンジャーが4チームに別れて、それぞれのテーマを見つけ、調査方法と予測をプランニングして、実際に調査をして結果を確かめて発表しました。

2021年7月 by ウエットランドフォーラム

和白干潟調査/自主研究1

ガタレンジャーが4チームに別れて、それぞれのテーマに基づいて、巻貝の数を数えたり、カニ100匹のサイズを測ったり、独自の方法で調査を行いました。

2021年7月 by ウエットランドフォーラム

和白干潟生きもの探し&干潟アート

和白干潟でカニを観察した後に、干潟に大きなカニの絵をみんなで描きました。上手にできました。3時間後に潮が満ちて絵は消えてしまいました。

2021年7月 by ウエットランドフォーラム

日本自然保護協会より

干潟アートお見事。潮の満ち引きのわずかな時間を狙いながら描いたにしては、大胆な構図と躍動感あるシオマネキ、周辺の沢山の貝も描かれていて素敵です。充実した観察会の成果でしょうか。全国の海の干潟で流行りそうな予感がしますね。

初めての稲架づくり

昔ながらの田んぼと合わせて稲架で稲を干す風景も残したいと、稲架の作り方を地元農家の方から教えていただきました。「男結び」をしっかりできるようになるのに一苦労。それでも、五段もかけられる立派な稲架ができました。この様子は地元ケーブルテレビで記録映像としても残していただきました。

2021年8月 by 特定非営利活動法人 中池見ねっと

カメラで撮影してみよう!

1. 大人と一緒に撮影しよう!

自然の中には、危険な生き物がいたり、危険な場所があるよ。撮影するときは、大人と一緒に安全に楽しもう。

2. 自然を大切にして撮影しよう!

無断で草花を摘んで持ち帰ったり、野鳥や動物にえさをあげないでね。野鳥や動物を撮影するときは、フラッシュなしで撮影しよう。

3. カメラを大切に扱おう!

カメラを落としたり、水にぬらさないように注意してね。

上手に撮影するコツ

わきをしめて両手でしっかりとカメラを持つと安定するよ。

いろんな角度から撮影してみよう!

正面から撮った写真

下から撮った写真

「よこ」だけでなく「たて」にして撮る

上から撮った写真

近くで撮影してみよう!

離れて撮った写真
近づいて撮った写真

同じ場所を違うタイミングで撮影してみよう!

群馬県赤谷川源流部の四季 提供:(公財)日本自然保護協会

春~夏に撮った写真

秋に撮った写真

冬に撮った写真

イベント

こちらで皆さんが参加できるイベントを紹介しています。