環境コミュニケーション

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)は、さまざまな媒体や機会を活用して多様なステークホルダーへ環境情報を開示することで、双方向のコミュニケーションを行っています。

環境教育プログラム

環境出前授業

お知らせ:新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、実施を見合わせています。

キヤノンMJでは、“ゴミを減らすこと、資源を繰り返し使うこと”の大切さを将来の世代へ伝えることを目的に、プリンターの消耗品リサイクルを題材にした「環境出前授業」を、全国の小学校に展開しています。
素材の性質を利用してプラスチックや鉄などを分別する実験を取り入れ、楽しくリサイクルについて学ぶことができるよう工夫しています。学習者が能動的に学ぶことができるアクティブ・ラーニングの手法を採用した授業内容は、教育機関や地域の方々からも高い評価を得ています。

リサイクル体験&見学プログラム

お知らせ:新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、実施を見合わせています。

キヤノンMJの本社ビルであるキヤノン S タワーでは、中高生向けの環境教育として「リサイクル活動を学ぶ」というプログラムを実施しています。本教育では、キヤノンMJの環境への取り組みについて簡単にご紹介するとともに、リサイクルの大切さを学んでいただくための浮力を用いたリサイクル実験を行います。また、キヤノン製品に触れていただくためのショールーム見学、キャリア教育の一環としてオフィス見学もあわせて行っています。

「リサイクル体験&見学プログラム」の詳細はこちらへ

オフィスツアーによる環境活動のご紹介

キヤノンMJでは各拠点でオフィスツアーを実施しています。各拠点で取り組んでいる省エネ・省資源活動の事例を、オフィスフロアを見学していただきながらご紹介します。

自治体の環境認定取得への取り組み

キヤノンMJグループでは、各自治体が推進しているエコ事業所認定などの環境認定取得を積極的に行っています。2020年12月現在、119事業所が環境認定を取得しています。
自治体の環境認定取得を推進することにより、環境分野での地域貢献だけではなく、すべての従業員が環境活動を行うための、意識や行動につなげています。