「割増賃金」について

企業が支払う給与のうち、所定外給与に対して割増賃金の支払が義務化されています。

所定外給与:所定労働時間を超えた労働、休日労働・深夜労働に対して支給される給与。
(例:普通残業手当、休日勤務手当、深夜残業手当)

割増賃金率は以下のように定められています。

  1. 時間外労働(1日8時間以上):25%以上
  2. 法定休日労働:35%以上(法定外休日労働:25%以上)
    • 企業によって異なります。
  3. 深夜労働(22時~翌5時):25%以上
    • 深夜の時間外労働は時間外労働の割増賃金率25%に加えるため50%以上となります。

労働基準法は最低限の条件を定めているため、法律以上の割増賃金の支払に問題ありません。
また給与明細書では、割増賃金率ごとに区分して記載する必要があります。

あわせて読みたい記事

キヤノンS&Sメールマガジン

Excelの豆知識、パソコントラブルのよくあるご質問など日々の業務効率に役立つ情報から、業界の最新トレンドなどをお届け!
最新のオンラインセミナー情報もお届けします。

お役立ち情報

  • ITサポートコールセンターイメージ
    IT保守サービス
    IT保守サービスにご加入頂くと、お電話やリモートでの操作案内も可能です。
  • オンラインセミナー イメージ
    オンラインセミナー
    業務が楽になる、PCの操作テクニックをお伝えするオンラインセミナーも開催しております。