ケア記録業務のICT化

事務作業の省力化と情報共有により、本来の介護業務に専念できる環境を整えることで、介護現場のコミュニケーションとケアの向上につながります。

このようなことでお困りではないですか

月次報告のまとめが大変
月末の請求処理に時間がかかる

簡単に介護現場で記録したい
ケア記録を情報共有したい

ソリューション紹介

LIFEへの対応、業務の一気通貫

介護事業者には、国から「LIFEへの情報提供」「記録業務、情報共有業務、請求業務の一気通貫」が求められています。介護記録から、必要な帳票・一覧表の自動作成。記録業務と請求システムを連携させ、転記作業のムダを省いて業務の効率化を図り、職員の負担軽減を目指します。

構成例

介護請求システム

法改正・通常請求業務など運用が煩雑な仕組みも、システム導入により、効率的な運用が可能です。

介護記録システム

国が求める介護現場のICT化、介護記録システムの導入は必修科目です。一気通貫に適応した介護記録システムをご紹介します。

各種機器

ご要望に合わせた、各種機器をまとめてご提案します。

簡単に介護現場で記録/ケア記録の情報共有

介護記録業務を手書きからICT化に置き換えることで、紙よりも早く記録が書けるようになります。記録作業の負担が減り、仕事が整理されることで効率化に繋がり残業が減らせます。必要な情報もその場で確認できれば、ご利用者さまとの距離を縮めて、現場のケアを充実させます。

構成例

介護記録システム

ケアに必要な情報の参照や、バイタル機器との連携による介護記録が行なえます。

タブレット機器

ご要望に合わせた、各種機器をまとめてご提案します。

取り扱いソリューション

介護業についてのご相談・お問い合わせ

導入にあたってのご相談、資料請求、見積依頼など、各種お問い合わせは下記フォームにて受け付けております。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

ウェブサイトからのお問い合わせ