RVシリーズ|Q&Aマシンビジョン

ご不明点は、お気軽にお問い合わせください。

Q
海外でも使用できるのか?
A

日本以外は、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、中国で使用可能です。

Q
認識可能な部品の材質は?
A

金属部品、プラスチック部品などです。

Q
認識可能な部品サイズに制約はあるのか?
A

マシンビジョンの機種ごとに認識可能な最小部品サイズが異なります。詳しくは比較表を参照ください。

Q
CADデータは必須でしょうか。
A

CADデータは、必須となります。

Q
取扱説明書は、日本語版だけですか。
A

取扱説明書、オペレーション画面とも英語版を用意しています。

Q
機器設置に特別な作業は必要ですか。
A

約6kgと軽量なため、ユーザー様で設置が可能です。

Q
防塵・防水対応は?
A

IP54相当の防塵防水性能です。

Q
カメラは別置きで、設置調整が必要ですか?
A

カメラ・プロジェクター一体型のため、設置時に微調整は不要です。

Q
液冷や空冷などの工場設備をつなぐ必要はありますか?
A

ヒートシンクによる放熱機構のため不要です。

Q
部品の良否判定に使えますか?
A

良否判定には使用できません。

Q
どのメーカーの産業用ロボットとつながりますか?
A

主要メーカーと接続可能です。詳細はお問い合わせください。

Q
システム構成の中にあるPCのOSは何か?
A

下記OSの日本語版/英語版/韓国語版/中国語版/フランス語版/ドイツ語版に対応しています。

  • Windows 10 Pro 64bit(Ver.1803以降)
  • Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC High End x64
  • Windows 7/8.1 Professional x64 SP1
  • Windows Embedded 8.1 Industry Pro x64
  • Windows 7 Professional SP1 for Embedded Systems x64

2021年4月時点(Ver.3.0)

Q
それぞれの型式の計測周期よりも短い周期で部品計測を行うことは可能ですか?
A

ソフトウェア側で計測周期を管理しているため、仕様よりも短い周期で部品計測を行うことはできません。

Q
スライダー搬送時のケーブル交換の目安はどのくらいですか?
A

ケーブル交換の目安(ケーブルメーカーの推奨値)は、イーサネットケーブルが300万回@曲げR50mm、電源ケーブルが2000万回@曲げR78mmです。(上記回数は往復回数です。)

Q
点群データを出力することは可能ですか?
A

可能です。詳細はお問い合わせください。