ガラス・フィルムスケール|概要超小型光学式エンコーダー

ガラス・フィルムスケール

基本情報

リニアスケール
フィルムスケール/ガラススケール
ロータリースケール
フィルムスケール/ガラススケール

おもな特長

フィルムスケール

  • 価格が安くお客さまにて必要な長さに容易に切断できます。曲面などへのフレキシブルな取付けが可能です。
  • 線膨張係数:18×10−6/°C

ガラススケール

  • 線膨張係数が小さく、温度変化の大きい場所でも精度を維持できます。
  • 線膨張係数:6.9×10−6/°C

カスタム対応について

リニア、ロータリータイプのスケール長、スケール径、パルス数のカスタマイズが可能です。

超小型光学式エンコーダーについてのご相談、お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 営業部 営業第三課

超小型光学式エンコーダーについてのご相談、お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

※年末年始弊社休業日は休ませていただきます。