チップタイプエンコーダー(基板実装型)|仕様超小型光学式エンコーダー

基本仕様

SR-P01A(アナログ出力・Z相なし)
SR-P01AZ(アナログ出力・Z相あり)
センサーヘッド リニア ロータリー※1
アナログ/
矩形波周期
矩形波分解能 ※2 最大速度 矩形波周期 矩形波分解能 ※2 最大速度
µm/cycle µm mm/s ppr ppr min-(1rpm)
SR-P01A/AZ 80 20 4,000 1,000 4,000 3,000
  • ※1.
    1000pprスケール使用時
  • ※2.
    お客さまにて4逓倍された値

ピンアサイン・出力信号

コネクタピンアサイン

SR-P01Aピン配置図
SR-P01AZピン配置図
Pin No. Function
SR-P01A SR-P01AZ
1 Z相アナログ出力
1 2 NC
2 3 NC
3 4 DC+4.5V出力(基板内部で生成)
4 5 APCターゲット電圧入力※1
5 6 A相アナログ出力
6 7 B相アナログ出力
7 8 位置決め用穴
8 9 GND
9 10 B相デジタル出力
10 11 A相デジタル出力
11 12 Vcc(+5V)入力
13 NC
12 14 位置決め用穴
  • ※1.
    APC(オートパワーコントロール)用のターゲット電圧は、図に示すようにユーザー側にて外付け抵抗を付加してピン3(SR-P01AZではピン4)のDC+4.5V出力を抵抗分割してください。
    センサーチップ内部抵抗値も含めてターゲット電圧は約2.451Vになります。
APC(オートパワーコントロール)用のターゲット電圧

出力信号

A、B、Z相出力回路
A、B、Z相推奨受診回路

A、B、Z相デジタルパルスはCMOS出力となります。

位相

A相、B相の位相はスケールの位置と移動方向説明図に示すスケール移動方向のとき、位相図に示すような関係になります。また、Z相はA相、B相とは非同期で出力されます。

位相図

カスタム対応について

各モーション機器に合わせたカスタマイズが可能です。

  • お客さまのニーズに合わせた量産基板形状に対応
  • 分割ICの組み合せにより各種分解能に対応
    0.4um(200分割)/0.8um(100分割)/1um(80分割)/1.25um(64分割)/2um(40分割)/4um(20分割)

カスタム事例

機器組込み型リニアエンコーダー
  • 分解能80µm矩形波TTL出力
  • Z相は矩形波TTLレベル
モーター組込用ロータリーエンコーダー
  • ロータリースケール500rpm対応デュアルヘッド
  • AB相アナログ、Z相付
SR-P40
  • 分解能2.0µm(40分割)短形波ラインドライバー出力、Z相は、短形波CMOSレベル
  • 48mm×26mm

超小型光学式エンコーダーについてのご相談、お問い合わせ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 産業機器事業部 第二営業本部 営業部 営業第二課

超小型光学式エンコーダーについてのご相談、お問い合わせを承ります。

電話でのお問い合わせ

※年末年始弊社休業日は休ませていただきます。

ウェブサイトからのお問い合わせ