「くらし・しごと・社会」を支える episode01 「くらし・しごと・社会」を支える episode01

社会を支える

安心・安全をめざす横浜を見守る
ネットワークカメラ

多様化する事件・事故に対応するネットワークカメラと、
映像処理技術が安心して暮らせる街づくりに貢献

日本ではこれから国際的なスポーツ大会の開催を控え、海外からの旅行者もさらに増加することが予想されます。
街の治安維持や災害発生時の迅速な対応など、安心・安全な街づくりは、社会全体の重要な課題となってます。

例えば、国内外から毎年多くの観光客が訪れる横浜市。
安心・安全の模範都市となるようインフラ整備を進める同市では、キヤノンとアクシスコミュニケーションズ社(アクシス)のネットワークカメラシステムを導入しています。
夜間の高画質撮影や360度の全方位撮影を実現し、大規模イベント時の事件・事故防止や 災害発生時の迅速な状況把握などに威力を発揮。横浜市の安心・安全な街づくりに貢献しています。

横浜市の安心・安全を見守るネットワークカメラ

進化するネットワークビジュアルソリューションが、犯罪防止や利便性の向上に貢献

増大する都市犯罪や、グローバル化を背景にしたテロなど、私たちのくらしの安心・安全を妨げる脅威は多様化しています。
こうした増大するリスクに対応し、誰もが安心して暮らすことのできる社会を実現するには、新たなインフラの整備が求められています。

そのような中、今さらにニーズが高まっているネットワークカメラは、くらしの安心・安全を確保する新たなインフラの一つ。
私たちキヤノンは長年培ってきたイメージング技術とIT、さらにアクシスのネットワーク映像処理技術を融合することで、高精度の監視・見守りを実現するネットワークビジュアルソリューションを提供しています。

例えば肉眼では被写体の識別が困難な暗闇でもカラーのフルHD動画の撮影が可能な超高感度カメラや、物体の温度を検知できる温度アラームカメラなど、幅広いラインアップを取り揃えています。

夜間や暗所でのモニタリングで威力を発揮する、
最低被写体照度0.0005ルクス実現した超高感度ネットワークカメラ「ME20F-SHN」
肉眼で見たイメージ(右)と
超高感度ネットワークカメラ「ME20F-SHN」で撮影した映像(左)

さらに、幅広いソフトウエアとも連携させ、お客さまの多様なご要望に柔軟にお応えしています。
ビデオ管理ソフトウエアのトップランナーであるマイルストーンシステムズ社(マイルストーン)と連携。「Milestone XProtect®」は、ネットワークカメラに加えセンサーや照明機器などIoTデバイスも一元管理でき、データの安定的な管理と高度な分析を実現します。
また、カメラ映像から人の特徴を検知し解析することで、精度よく人数カウントすることができるソフトウエア「People Counter」は、さまざまな施設で混雑状況や来場者数、人の流れを把握し、安全対策に貢献します。

ビデオ管理ソフトウエア「Milestone XProtect®」。
複数の映像に加え、センサーや照明機器などIoTデバイスも一括管理ができ、効率的な広域監視を実現

今後、ネットワークカメラはAIや通信スピードの高速化に伴い、さらに高精度な認識や判断を実現するシステムへと進化しいきます。これからも私たちキヤノンは、高度なイメージング技術とアクシスのネットワーク映像処理技術、そしてマイルストーンのビデオマネジメント技術を融合させ、安心で豊かな社会の実現に貢献するソリューションを提案していきます。

取り組み一覧

一覧に戻る