綴 TSUZURI 文化財継承プロジェクト

English

貴重な文化財を後世に伝えていくために

屏風や襖絵といった日本古来の貴重な文化財のなかには、海外に渡ったり、国内にあっても劣化防止のためや、国の定めにより、限られた期間しか私たちが目にすることができない作品が数多く存在します。
2007年3月、特定非営利活動法人京都文化協会ならびにキヤノン株式会社は「綴(つづり)プロジェクト」(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)を立ち上げ、キヤノンの最新のデジタル技術と京都の伝統工芸の技を融合させ、オリジナルの文化財に限りなく近い高精細複製品を制作することを通し、多くの人に日本の貴重な文化財の価値を身近に感じてもらう取り組みを始めました。
文化財の保存活動に長年の経験と蓄積をもつ京都文化協会と高精細で高画質なデジタル画像技術をもつキヤノンは一体となって、素晴らしい作品を未来に継承し、芸術を通じた社会や文化の発展にこれからも貢献していきます。