イベントPHOTONEXT 2017 キヤノンブース レポート

PHOTONEXT 2017 キヤノンブースメッセージ 「新しいトータルスタジオソリューションを、キヤノンから」出展報告 2017年6月20日(火)~21日(水)パシフィコ横浜

写真のプロにキヤノンからの提案。
PHOTONEXT 2017 でトータルフォトソリューションをアピール

キヤノンマーケティングジャパンは6月20日(火)から21日(水)まで、パシフィコ横浜で開催された「PHOTONEXT 2017」に出展しました。写真のプロとさまざまなフォトビジネスが集まる国内唯一・最大規模のイベントに、フォトグラファー、写真館/写真店経営者、ブライダル関係者といったプロのみならず一般の参加者も多数来場されました。
キヤノンマーケティングジャパンは「新しいトータルスタジオソリューションを、キヤノンから」をテーマに、ブース内に再現したフォトスタジオで各種セミナーを実施。フォトビジネスの最前線におけるトピックスや、商品活用によってもたらされるベネフィットを解説し、来場者にキヤノンが提供するトータルスタジオソリューションを印象付けました。

セミナー(1)クリップオンストロボを駆使したワイヤレステザー撮影

ロケーションフォトを得意とするフォトグラファー・堀 光治氏が登壇した当セミナーでは、「家族」の設定でシニアカップルやその娘役としての女性をモデルに起用し、フォトスタジオで実際に撮影しながらハイキー撮影(明るく楽しい雰囲気)・ローキー撮影(落ち着いた雰囲気)のテクニックについて解説が行われました。カメラ(EOS 5D Mark IV)、ストロボ(SP600EX2-RT)、PC(Mac)、モニタ(EIZO)、をすべてワイヤレスで接続することで、カメラマンは自在に動き回ることが出来、スタジオを最大限活用した撮影が可能になります。またモニタには撮影した画像が瞬時に表示されるので、被撮影者も撮影された画像をその場ですぐ確認することが出来、カメラマンとの更なるコミュニケーションが生まれます。

セミナー(2)自然光で撮るウエディングスナップフォト

ウェディングフォトは、クリップオンストロボでどんな場面でも光を飛ばす撮影が主流ですが、岡本豊氏は披露宴会場などの一部を除いて、撮影のほとんどを自然光もしくはホテルの照明のみで撮影。EOS-1D X Mark II、EOS 5D MarkIVの2台を使って、ウエディングスナップを実際に撮影しテクニックを解説いただきました。スピーチや歓談のときは、EOS 5DMarkIVの優しい音、キャンドルサービスや特別なシーンでは、あえてEOS-1D X Mark IIのシャッター音を使って場の盛り上げを考えるなど、結婚式や披露宴の雰囲気を壊さないようシャッター音を配慮した双方の使い分けや、撮られる側の心理や、撮られて気持ちのいいカメラについてなど、モデルとのトークを交えながらご紹介しました。

セミナー(3)もう一つ上のカラーマネジメントセミナー

印刷業界、モニターメーカー、デジタルカメラメーカーなどのカラーマネジメント領域で有名なX-Rite社 冨川丈司氏から、「目は信じられない~モニターキャリブレーション」を冒頭に、人の目が色の恒常性やメタリズムによって、同じ色を見続けることができない仕組みや測定器の必要性をご説明頂きました。 用紙ごとのICCプロファイルを正しく関連付けしたり、⽤紙の選択、⽤紙のための処理など簡単に設定確認ができるA2ノビサイズプリンターPRO-1000とPrint Studio Proを使った簡単で間違いの少ないプリント方法、スタジオ撮影での⾊やホワイトバランスなどでお困りの方向けに、ColorChecker Passportを使ってのRAWデータ処理⽅法、高額な投資が必要なくバックライトフイルム用の透過ICCプロファイルを作成し、簡単にプリント可能な新ビジネス提案としてのバックライトフイルムへのプリントについてご紹介しました。

セミナー(4)EOS 5D Mark IVムービー解説~新機能Canon Logは難しい?~
セミナー(5)Canon Logが変えるウエディングムービーの新たな可能性

「EOS 5D MarkIV」に新たに搭載されたCanon Logについて、キヤノンマーケティングジャパンの野村稔と、ウエディング撮影に携わるシネマトグラファー・フォトグラファーとして活躍されているジュノー株式会社の大田晃弘氏が順に解説しました。Canon Logはポストプロダクション処理を前提とした自由な画づくりができる記録方式で、ワイドダイナミックレンジが特長です。Logが動画撮影にどんな効果をもたらすのかを事例とともに分かりやすく解説。その後大田氏が実際にCanon Logを使用して制作した動画を上映し、インプレッションや今後の可能性をお話いただきました。

カメラ、プリント、成果物展示コーナー

ブースでは他にも、「EOS」シリーズについて来場者からの相談・質問にお応えするカメラ/レンズ相談カウンター、「imagePROGRAF PRO-1000」と各種関連商品を紹介するカラーマネジメントコーナー、業務用フォトプリンター「DreamLabo」で出力された色鮮やかな成果物の展示、セミナー講師が撮影したEOSムービー&フォトギャラリーが展開されました。

ご来場ありがとうございました。

キヤノンマーケティングジャパンは、さまざまな商品・ソリューションを通して撮影の幅を広げ、次世代のフォトビジネスに貢献していきます。写真撮影・動画撮影・カラーマネジメント・プリントのご相談などございましたら、ぜひお問い合せください。

このページのトップへ