イベントpage2018 キヤノンブース レポート

印刷メディアビジネスの総合イベント page2018 キヤノンブース メッセージ「キヤノンのデジタルプリンティングで、新たな領域へ!」キヤノンマーケティングジャパン キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ 出展報告 2018年2月7日(水)~2月9日(金) 池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYO

印刷メディアの総合イベント「page2018」に出展
多品種・少量生産というデジタル印刷の強みを生かした
ソリューションを提案しました

キヤノングループは、2月7日(水)から2月9日(金)までの3日間、「キヤノンのデジタルプリンティングで、新たな領域へ!」をテーマに、池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYOで開催されたイベント「page2018」に出展しました。1988年の開催以来、毎年行われてきたpage展は、印刷会社や印刷物を発注するクライアント企業など多くのお客さまが足を運び、商談や情報交換、市場拡大の場として活用されています。開催から31回目を迎えた今年は計66,210名の来場者を数えました。

7つのコーナーで最新の実機や印刷ソリューションを紹介

キヤノンブースでは、「コスト削減」「業務効率化」「納期短縮」といった価値の提供とともに、生産現場の働き方改革やビジネス拡大を実現するソリューションを7つのコーナーに分けて展示しました。生産プロセスの効率化を実現するワークフローをはじめ、新規参入した産業印刷向けのプリンティングシステムやお客さまの商材サンプルなどをご紹介。また、中央にはメインステージを設け、各コーナーで訴求しているポイントをナビゲートしました。

ミス・手間・無駄を最小限に抑え、効率化を実現する
生産ワークフローシステム

7つのコーナーの中でも特にお客さまの注目を集めたのは、「実演!プリンティングワークフロー」のコーナーです。「自動化で実現するスマートワークスタイル」をテーマに、「どう作るか」だけでなく、「どう届けるか」まで範囲を広げて、その合理化された仕組みと作業の流れをご紹介しました。
「カレンダー」と「書籍」。これら二つの商材を使って、キヤノン独自の印刷管理システム「Production Print Flow Manager」が、注文情報からどんな商材なのかを自動で判別し、生産順、面付け、機器の設定情報の処理、納品書生成など、手間のかかる前準備をすべて自動化。さらに、でき上がった商品をマテハン機器と連携し、ピッキング・仕分け・梱包まで自動化できる仕組みをデモ形式でご覧いただきました。面倒で大変な「ショートラン」「多品種」の世界で、生産全体を一元管理し、自動化できる仕組みがあれば、品質を守りながら「働きやすい環境づくり」ができることを実感いただけるコーナーとなりました。
また、こちらのコーナー内では、imagePRESSシリーズ用の給紙ユニットで長尺用紙を最大1000枚収容できる新オプション「PODデッキライトXL・A1」や、新聞や書籍など大量のページや複雑さを伴うメディアでもスピーディーに紙面が組める日本語組版システム「EdianWing 7.0」を同時にご紹介しました。

写真画質が実現する高付加価値ビジネスを紹介

キヤノン独自の技術によって高画質と高速印刷の両立を可能にした「DreamLabo 5000」は、デジタル印刷機の弱点とされてきた画質の不安定性を解消、専用ロール紙を使用することで長時間安定的に高画質をキープします。このコーナーでは、高級写真集やイラストレーターの作品集、ブライダルアルバムなど本機を使って実際に制作された、お客さまの商材サンプルやビジネス展開事例をご紹介。
一点一点丁寧につくられた付加価値の高いプレミアムコンテンツを実際にご覧いただき、ビジネスモデルのヒントが得られるようなコーナーになりました。
さらにキヤノンでは、全く新しいコンセプト「フォトプレス」という付加価値を提供する「B2+インクジェット写真画質プロダクション印刷機」の開発に挑戦中です。本機はプレコート不要で多様なオフセット用紙に対応。また、最大B2+(788mm x 600mm)サイズまでの用紙に対応するオフセット印刷を超える写真画質を実現した枚葉インクジェットプレスです。フォトプレスと題した展示コーナーにて動画と実サンプルをご紹介しました。

サイン&ディスプレイ市場に新規参入

多様なメディアへの印刷が可能な新技術「UVジェルテクノロジー」を採用した64インチロールメディア対応UV硬化型大判プリンター「Océ Colorado 1640」と、UV硬化型大判フラットベッドプリンター「Océ Arizona 1280GT」で出力したサンプルを展示しました。UVジェルテクノロジーは、圧倒的な印字スピードと速乾性による高い生産性、従来の他社インクと比較して最大約40%インク量を削減できることによるコスト削減、広い色域による高画質を実現する技術です。また、新開発のUV硬化プロセスにより耐熱性が低いものなど幅広いメディアに対応します。会場では、壁・床の装飾や屋外バナーなどColorado 1640で出力したサンプルや、アクリル、テーブルの天板、椅子の座面などに直接プリントしたArizona 1280GTのサンプルをご覧いただきました。

お客さまのPOD実例サンプルを紹介

サンプル展示コーナーでは、業界新聞や卒業アルバム、書籍などの商業印刷や、POPや卓上カレンダー、封筒など一般企業の内製サンプル、PODでの制作が難しい素材とされるステッカーなどを展示。書籍を一冊から受注・制作するオンデマンド出版ビジネスに取り組むお客さまの事例動画など、幅広く紹介しました。

利用シーンを演出したサンプル展示で、PODイメージを喚起

多品種・少部数に適したデジタル印刷を活用したマーケティングやソリューションへの需要は高まりつつあります。入口から進んですぐのコーナーでは、PODでどのようなプロモーションツールを制作できるかを具体的にイメージできるサンプルを展示。コーヒーの通販会社がリアル店舗(カフェ)を出店するストーリーを設定し、DMやポストカード、ショップカード、コースター、パッケージ、ポスターなど、出店準備からオープン後のサービスまで活用シーンをイメージいただきました。お客さまごとに異なるメッセージやクーポン内容などOne to Oneの細やかなサービスや特殊なメディアへの印刷など、PODだからこそ実現できる特長を訴求しました。

「高品位ポスター」から「屋外ポスター」まで
多様なメディアとともに紹介

写真のL判サイズから大型ポスターまで幅広いサイズに対応し、12色インクでハイレベルな画質を実現するのが「imagePROGRAF PROシリーズ」です。高精細で圧倒的な臨場感を表現した大型ポスターをはじめ、8色機とSCREEN GA製「LabProof SE」を活用したプルーフ用途提案や、屋外掲示には不可欠だったラミネート加工が不要で、最長6ヶ月間色落ちすることなく掲示できる新耐水メディアをご紹介。凹凸やカーブ面に密着して貼り付けられる耐水ポスタービニールなどのサンプルを「imagePROGRAF PRO-4000S」の実機デモを交えて紹介しました。

オセ社の新機種のサンプルを展示

海外で先行販売された新機種「Océ ProStream 1000」を含む、オセ社の高速インクジェットプリンターで出力した新聞や冊子など、実際のユーザーサンプルを展示しました。新インクの採用や多様な用紙に対応するカラーグリップといった新技術によって、ビジネスの幅は格段に広がっていきます。隣接するホリゾン社のブースと連携し、製本サンプルも配布するなど、高速インクジェットプリンターの幅広い用途を紹介しました。

ご来場ありがとうございました。

今後もキヤノングループは、印刷に携わるお客さまからの幅広いニーズに対応し、生産現場の働き方改革やビジネス拡大に貢献できるよう、さらなる価値の提供に取り組んでいきます。商品やサービス、システム導入などご相談がございましたらぜひお問い合せください。

関連情報

関連ソリューション・商品

ショールーム

キヤノン最新のPOD機とワークフローソリューションをご提案します。お客さまのイメージに近いソリューションを描けるよう、ご要望に応じたデモンストレーションを行います。
  • キヤノンブランドのカットシートタイプのオンデマンドプリンターを中心に展示しています。
プロダクションシステムセンター
デジタル印刷のソリューションを活用したビジネス(請求書やダイレクトメールなどの通知物、書籍・マニュアル・新聞・カタログなど)の体験と検証ができる空間です。
  • オセ社のロール紙タイプを中心とした高速プリンターを中心に展示しています。
Customer Experience Center Tokyo

メールでのお問い合せ

このページのトップへ