イベント教育ITソリューションEXPO キヤノンブース レポート

第8回 教育ITソリューションEXPO より快適に。よりシンプルに。~「らしさ」を活かした教育環境へ~ キヤノンマーケティングジャパン/キヤノンITソリューションズ/キヤノン電子テクノロジー 出展報告 2017年5月17日(水)~5月19日(金)東京ビッグサイト

「教育ITソリューションEXPO」に、初出展しました!

キヤノングループは5月17日(水)から19日(金)まで、東京ビッグサイトで開催された「第8回教育ITソリューションEXPO」に出展しました。総入場者数は3万518人を記録。大学、小・中・高校ほか教育に従事する方々がICTによる課題解決を求めて、この教育分野で日本最大の展示会を訪れました。
今回、キヤノングループは初の出展となります。キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンITソリューションズ、キヤノン電子テクノロジーが合同で、キヤノンレッドの映える印象的なブースを構え、「より快適に。よりシンプルに。~「らしさ」を活かした教育環境へ~」をテーマに、最新のソリューションを紹介しました。

3つのゾーンで理想的な学内ICT環境を提案

キヤノン独自の文教市場向けソリューション「in Campus」シリーズを中心に、3つのゾーンで学校内の理想的なICT環境構築をアピールしました。
『教職員の働き方を改革』ゾーンでは、大学固有の「らしさ」の実現をサポートする「in Campus Services」と、学校運営を総合的・一元的にサポートする「SCHOOL AID」を紹介。
『授業におけるドキュメントをマネジメント』ゾーンでは、AIを活用してレポートの電子化をサポートする「in Campus Scan」と、学内の出力環境を画期的に向上する「Print Producer」を展示しました。
『安全・安心なICT環境を実現』ゾーンでは、OS混在環境での端末運用を一元管理する「in Campus Device」と、教育現場のIT環境を守るウイルス対策ソフト「ESET」を提案しました。

教職員の働き方を改革

このゾーンでは、より快適な教育環境と、より効率的な学校運営をサポートするソリューションを提案しました。 「in Campus Services」は、教育支援情報システムに必要なすべての機能を備えたプラットホーム。学内のすべての情報への入り口となる「Portal」、授業運営を支援する「LMS」、学生一人ひとりの学習履歴をアーカイブする「Portfolio」、シラバス作成を省力化する「Syllabus」、学内コミュニケーションを活性化する「Community」、これらすべてが標準でモバイル対応であり、またそれぞれの機能を学校の特色・ニーズに合わせて柔軟にカスタマイズが可能です。実際に使われた教職員、学生さんからは「使いやすい、かゆい所に手が届く」システムだと好評を得ています。
「in Campus」シリーズ開発のベースとなった、明治大学様の教育支援情報システム「Oh-o!Meijiシステム」の全面刷新と運用事例についても紹介し、多くの大学関係者の注目を集めました。
「SCHOOL AID」は、中学校、高等学校、中高一貫校向けの教務管理ソリューションです。生徒情報管理、成績管理、各種証明書発行などの多様なルーチン業務を効率化し、教職員の業務負荷を軽減します。拡張性も高く、タブレットオプションを使えば、いつでもどこでもスマートに生徒の出欠管理や指導が行えます。また、キヤノン製カードプリンター「CX-G2400」と組み合せての生徒証発行ソリューションも展示しました。

授業におけるドキュメントをマネジメント

手書きのテストやレポートをスキャンし、OCRで学籍番号や点数を読み取ってデータを登録する「in Campus Scan」を、参考出展しました。お客さまにはキヤノン製のMFPと連動してのデモンストレーションをご覧いただきました。このようなOCRの場合、通常は統一フォーマットでなければ読み取り不可ですが、in Campus Scanはスキャンする書類のフォームの枠や位置を意識しないフリーフォームOCRで、書類のレイアウト解析から文字認識・切り出しを自動で行います。ドキュメントマネジメントに強みを持つキヤノンならではの提案です。
マルチOS環境に対応した印刷管理システム「Print Producer」も、学内のドキュメント出力環境の利便性を大幅に向上させることのできるソリューションです。各学生ごとに印刷実績を管理し、上限超過時には印刷を停止することが可能になります。管理者の負荷を軽減するとともに、わかりやすいインターフェースで学生サービス向上にも貢献します。

安全・安心なICT環境を実現

学内で用途に応じて使い分けられている、Mac / Windows / Linuxなど、さまざまなOSのクライアント端末の運用を効率的に行うための最先端の管理システムが「in Campus Device」と「Vthrii Seamless Provisioning」です。ブラウザーベースの直感的な操作で、端末の監視や一斉電源管理(起動/シャットダウン/リブート)などが可能になります。また、これまで管理者にとって大きな負担となっていたOSイメージの更新も完全自動化。教室内のマシンのOSを常に最新の状態に保つことができます。
そして、教育現場のIT環境のウイルス対策として最適であるのが、高い検出率と軽快な動作に定評がある「ESET」です。「ESET」の国内総販売代理店であるキヤノンITソリューションズは、日経コンピュータ 顧客満足度調査 2016-2017 「ウイルス対策製品部門」(2016年9月15日号)において、4年連続となるNo.1を獲得しています。ユーザー数でライセンスをカウントする大学向け「ESET Endpoint Protection キャンパスライセンス」、同一敷地内であれば定額でライセンス数が無制限で使える小・中・高等学校向け「ESET Endpoint Protection Standard スクールパック」を提案しました。

プレゼンステージレポート

ブースに併設されたステージでは、今回ご紹介したITソリューションの解説と、2つの大学における実際の導入事例についてプレゼンテーションが行われました。プログラムは計8つ。とりわけ多くの聴衆を集めた「in Campus 導入事例セミナー①~明治大学様 Oh-o!Meijiシステムの導入~」と、「in Campus 導入事例セミナー②~芝浦工業大学様 in Campus SERIESの導入~」の2つの導入事例セミナーのほか、in Campusシリーズを紹介した「より快適に。よりシンプルに。~「らしさ」を活かした教育環境へ~(in Campusのご紹介)」、「教育支援プラットフォーム in Campus Portal&LMS -「使いたい」を創造する、もう一つのキャンパス-」、「クライアント管理ソリューション in Campus Device2.0 ~OS混在環境での運用改善とセキュリティ強化の実現~」、「印刷管理ソリューション Print Producer -学生サービスの向上と管理部門の業務負荷軽減を実現-」、そして「文教市場におけるESETの特長と導入事例」と、「現場の「困った」を支援する教務管理ソリューション SCHOOL AID」。特に教育機関のシステム担当者の方々の注目を集めました。

ご来場ありがとうございました。

キヤノングループは先端のICT技術と豊富な実績をもとに、教育現場の多種多様なニーズにお応えします。商品、サービス、ITソリューション導入のご相談などございましたら、ぜひお問い合せください。

このページのトップへ