イベントCP+2018 キヤノンブース レポート

CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018 キヤノンブースメッセージ:すべての撮影者へ。ますます楽しく、豊かになるフォトライフを。出展報告:2018年3月1日(木)~3月4日(日)パシフィコ横浜

体験を通してフォトライフを提案したキヤノンブース

キヤノンとキヤノンマーケティングジャパンは3月1日(木)から3月4日(日)まで、パシフィコ横浜で開催されたカメラと写真映像の見本市「CP+2018(シーピープラス)」に出展しました。今回のキヤノンブースは、「すべての撮影者へ。ますます楽しく、豊かになるフォトライフを。」をテーマに、カメラやレンズ、ストロボ、プリンターなどを実際に試せる体験コーナー、第一線で活躍する写真家によるセミナー、最先端映像技術を駆使したシアター、光学技術展示、高画質プリントギャラリー、メンテナンス体験など、20のコーナーで構成しました。

新製品「EOS Kiss M」をいち早く体験

発売前に「EOS Kiss M」をいち早く触れるチャンスと、撮影体験コーナーにはお客さまの列が出来ていました。シリーズ初のミラーレスモデルは、わずか約390グラムの小型・軽量ボディーでありながら最新画像処理エンジン「DIGIC 8」と約2,410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、4K動画撮影にも対応。瞳にピントを合わせる「瞳AF」も搭載しています。

お客さまは鉄道ジオラマの撮影を通して、「EOS Kiss M」のAFの追従性の高さを実感されていたようです。また、ぼかしなど各撮影効果を感覚的に設定出来るビジュアル設定表示には「これなら設定できる」「わかりやすい」といった感想もいただきました。

生活シーンに合わせた「フォトライフ提案」

年齢を重ねていくにつれて写真の楽しみ方は変わっていきます。フォトライフ提案コーナーでは、3つの生活シーンを想定した被写体ステージを設け、EOS KissシリーズやEOS Mシリーズでの撮影を楽しんでいただきました。

SNSで写真をシェアしてコミュニケーションを楽しむ。家族との写真をアルバムに収めて大切に保管しておきたい。趣味として写真を楽しむ。と、それぞれにあったカメラとレンズに加えて、プリンターやフォトブックなどもあわせて紹介しました。

使ってみたかったレンズを体験できる「交換レンズ体験」

「あの単焦点レンズを試してみたい」「あんな被写体を撮る望遠レンズを見つけたい」…普段なかなか叶えられないそんなニーズにお応えできるのもCP+の魅力です。今年は、「EOS-1D X Mark II」や「EOS 5D Mark IV」などハイアマチュアやプロユースの一眼レフカメラ7機種とともに、60種以上の単焦点レンズや望遠レンズをお試しいただきました。

また新製品の「スピードライト 470EX-AI」は、発光量や照射角度などを自動で設定する世界初の「AIバウンス」を搭載しています。自動的にストロボの向きが変わる様子は注目を集め、来場者の投票で決まるCP+2018ワールドプレミアアワードのフォトアクセサリー部門でグランプリを受賞しました。

プロフォトグラファーから選ばれ続けてきた「超望遠レンズ」

高台に設置したコーナーでは、オリンピック・パラリンピックなどのビッグイベントでプロフォトグラファーから選ばれ続けてきた超望遠レンズの世界を体験していただきました。キヤノンが培ってきた手ブレ補正の技術が搭載された双眼鏡もご紹介しました。

高台を降りたところにはキヤノンのレンズの性能を支える光学技術を紹介するコーナーを設けました。ピントの合う範囲と遠近感をコントロールできるアオリ機能を搭載したTS-Eレンズや、手ぶれ補正の仕組み、EFレンズのカットモデルなど、技術的な展示にも熱心にご覧になられる方がいらっしゃいました。

撮影写真の色の再現性の高さを実感いただいた「プリント体験」

「PIXUS XK」シリーズは、大容量インクによる低ランニングコストと高画質を誇ります。こちらのコーナーでは、写真にこだわるからこそ出力にもこだわりたいというお客さまに多くお集まりいただき、ご自身の写真データの出力を通して色の再現力を実感していただきました。

「撮る」の先にある楽しみ「フォトブック体験」

フォトブック体験コーナーでは、「撮る」の先にある、つくる楽しみ、見せるよろこびを提案しました。プロの写真家も使用している高級フォトブック「PhotoJewel(フォトジュエル)」、雑誌のようなレイアウトが簡単に作れる「PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)」、自動選定およびレイアウト機能により最短3分でつくれる「PhotoJewel S(フォトジュエルS)」と、用途にあわせて3種類のフォトブックがあるのもキヤノンならではです。

8Kカメラ・マルチプロジェクションによる「最先端映像体験」

最先端映像体験コーナーでは、参考出品のCINEMA EOS SYSTEM 8Kや、高解像度のエルコスパネルを搭載した4Kレーザー光源プロジェクター「4K600Z」などを展示。これらを駆使したシアターでは、TBSテレビ番組「世界遺産」とサッカー試合を上映。特に、左右を囲うようにして設置した3面のマルチプロジェクションで映し出したサッカー試合のダイナミックな映像では、あたかもグラウンドに立っているような臨場感や、スタジアム全体を俯瞰するような迫力に、お客さまからは感嘆の声が上がっていました。

写真家やインスタグラマーによる50以上のセミナーを開催

キヤノンブースでは2つのステージを設け、4日間で50コマ以上のセミナーを実施しました。EOS学園講師をつとめる写真家の他、さまざまなジャンルで活躍する写真家や、インスタグラマー、ユーチューバーが大型ディスプレイで作品を見せながら、撮影秘話を披露したり、撮影テクニックや愛用機材を詳しく解説。いずれの回も大勢の立見ができるほど大盛況でした。

メンテナンスサービスも大人気

キヤノンの愛機を長く大切にお使いいただくためのメンテナンスサービス「あんしんメンテ スタンダード」の一部を無料で体験していただくコーナーを今年も用意しました。先着順で配布した整理券は開場後すぐに一日分の予定数を配布終了するほどでした。

これからのフォトライフ

CP+は前身の「日本カメラショー」から数えると58年の歴史を誇り、今年は4日間で68,111名の来場者がありました。カメラやレンズ、ストロボなどの撮影器材に加えて、ドローンやジンバル、フォトレタッチ用の高性能PCやディスプレイ、編集用ソフトウエアなどにまで出展が広がっています。テクノロジーの進化や社会環境の変化によってカメラや写真の楽しみ方はこれからも変わっていくことでしょう。キヤノングループはこれからも新しいフォトライフを提案していきます。どうぞご期待ください。

このページのトップへ