第5回キヤノンフォトグラファーズセッション

写真と生きる。

さらに上をめざす、若き写真家たちへ。第5回 キヤノンフォトグラファーズセッション 参加者募集

ワークショップ講師 ハービー・山口 瀬戸正人(敬称略)

写真の本質と対峙し、真剣に撮り続けている若い写真家に出会いたい。ともに写真の未来を考えたい。キヤノンフォトグラファーズセッションは、日本を代表する写真家を講師に招聘。ポートフォリオのレビュー、写真展の開催などを通し、若い写真家の活動を支援するワークショップ。ぜひ、この機会にご応募ください。

応募は締め切り致しました。

ワークショップ講師のご紹介

ハービー・山口

無心で撮る。貪欲に意見を聞く。変革を怖がらない。そんな人に会いたい。
写真を人生の表現手段にする人。自分を変えていく勇気のある人。批評を受け止める素直な心を備えた人。そして、写真の表現力を信じ、ひたすら撮り続けていく、タフでポジティブな人に出会いたい。
大事なのは、テーマとスタイル。
自分の写真の根源をさぐっていくと、足りないもの、
憧れているものが見えてくる。写真のテーマを確立し、自分なりのスタイルを築いていく。この2つが分かり、継続していくことができたら、意義のあるセッションになると思う。
無心で撮りたい被写体を見つけてほしい。
写真家になるのはカメラを買った日ではない。心から撮りたいと思った被写体に出会った日。無心で写真に向き合っていけば、ある日、写真が発言力を持つようになる。その日に向かって、頑張ってください。

ハービー・山口 1950年、東京都生まれ。大学卒業後ロンドンに渡り10年を過ごし写真家の礎を築く。アーティストから市井の人々までをスナップ・ポートレイトという手法で撮影をしている。テーマは一貫して「生きる希望」とし、エッセー執筆、ラジオのパーソナリティなどもこなす。「HOPE」、「雲の上はいつも青空」など著作・個展多数。2011年度 日本写真協会賞作家賞受賞。

瀬戸正人

眼に見える現実ではなく、被写体の向こうにあるものを捜してほしい。
写真は眼に見えるものしか写せない。しかし、写真家はその向こう側にある、眼に見えないものを気にしてほしい。被写体の向こうに何があるのか。もうひとつの眼を持つことが、写真家の資質。
表現のヒントは、あなたの中にある。
写真は、自分の眼で何を見るか。それにつきる。いい写真を撮ろうとか気にしなくていい。自分の中にある本質的なことを考えながら、写真をつくっていくことが大事。思いの強さが写真の深さになる。最終的に自分の世界観を表現してほしい。
写真は、偶然から生まれない。
写真は偶然を捉えると言う人がいる。しかし、すべての名作は必然。たまたまその場にいたとしても、撮る意志がなければ撮れない。この世界をどう捉えるか。見たいものを捜すワークショップにしたいと思います。

瀬戸正人 1953年、タイ国ウドンタニ市生まれ。1961年、父の故郷の福島県に移住。東京ビジュアルアーツを卒業後、森山大道氏の写真塾に参加。深瀬昌久氏の助手をつとめる。1987年、ギャラリー〈Place M〉を開設。「picnic」、「binran」、「トオイと正人」など写真集、著書多数。1995年度第21回木村伊兵衛写真賞、2008年度 日本写真協会年度賞受賞。

ワークショップについて

1stセッションからファイナルセッションまで計3回のセッションでは、応募作品や新作について講師はもちろん参加者全員で意見交換。ファイナルセッションのプレゼンテーションにより、キヤノン賞(2名)を決定します。

ワークショップの流れ

1stセッション:2016年1月23日(土)応募作品の講評とアドバイス | 2ndセッション:2016年3月26日(土)前回の講評をもとに提出された作品の講評とアドバイス。 | ファイナルセッション:2016年5月14日(土) 最終プレゼンテーション。キヤノン賞2名の決定。

修了時の特典 | キヤノン賞※(2名):キヤノンギャラリー銀座・梅田での合同写真展 副賞(EOS 5D Mark III・EF24-105mm F4L IS USM) | 参加者全員:オープンギャラリー2(品川)での合同写真展 PHOTOPRESSO による写真集作成

※ キヤノン賞に該当する2名がいないと講師が判断した場合、キヤノン賞(副賞含め)の授与、写真展の開催を見送る場合もありますので、ご了承ください。

PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)について

キヤノンが運営するサービスで、お客さまがインターネットで作成したフォトブックをオンデマンドで印刷製本してお届けするサービスです。作成したフォトブックをインターネットで一般に公開したり、特定の人への限定公開することもできます。サービス内容について詳しくは下記バナーよりご覧ください。

問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンフォトグラファーズセッション事務局
03-3542-1831
<受付時間> 平日 10:00 ~ 18:00

このページのトップへ