第5回キヤノンフォトグラファーズセッション

写真と生きる。

さらに上をめざす、若き写真家たちへ。第5回 キヤノンフォトグラファーズセッション

ワークショップ講師 ハービー・山口 瀬戸正人(敬称略)

第5回キヤノンフォトグラファーズセッション キヤノン賞授与式・レポート

写真:授与式

2016年9月10日(土)、午後6時。キヤノンギャラリー銀座にて、第5回キヤノンフォトグラファーズセッション キヤノン賞の授与式が行われました。授与式は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社 上席執行役員 岩屋 猛によるキヤノン賞の授与、講師のハービー・山口氏、瀬戸正人氏の祝辞、受賞者の挨拶など、会場は凛とした雰囲気の中にも歓びと笑顔が溢れ、華やいだ時間が過ぎていきました。また、授与式に続いてファイナリストたちの写真展のオープニングパーティーが開催され、メディアの方々の取材にファイナリストたちはこれからの写真活動、ワークショップの思い出など、写真と生きていく熱い姿勢をアピールし、盛況のうちに終了しました。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 上席執行役員 イメージングシステムカンパニー イメージングシステム事業統括本部長 岩屋猛の挨拶

ファイナリストの皆さん、おめでとうございます。ハービー先生、瀬戸先生、お忙しいなか、長期間に渡りご指導いただき、ありがとうございました。キヤノンフォトグラファーズセッションはお陰様で本日5回目の授与式を迎えることができました。これはここにいらっしゃる皆さまの写真に対する熱い気持ちの賜物と心より感謝いたしております。いま品川本社二階のキヤノンオープンギャラリー2では、ファイナリストの皆さんの作品が展示されています※1。100人を超える応募のなかから厳正な選考を経て選ばれた10名の皆さんの作品だけにどの写真も素晴らしく、また3回のセッションを通し厳しく温かくご指導いただだいたハービー先生、瀬戸先生のご尽力がどれほどのものであったかと拝察致しました。改めて御礼申し上げます。そしてキヤノン賞を受賞されました宛さん、小松さん、本当におめでとうございます。本来、副賞としてEOS 5D Mark IIIを贈呈することになっていましたが、一昨日9月8日から弊社はEOS 5D Mark IVを発売いたしておりますので、急遽、機種を変更し、EOS 5D Mark IVを贈呈することに致しました。写真展も銀座のキヤノンギャラリーに続き、10月に大阪・梅田でも開催致します※2。これから先、EOS 5D Mark IVで写真を撮り続け、さらに写真家としてのステップアップしていただくことを心より祈っております。そしてファイナリストの皆さんが新しい写真界を担う写真家として、ますますご活躍することを祈念いたしまして、私の冒頭のご挨拶とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

ハービー・山口氏の祝辞

キヤノン賞のお二人、おめでとうございます。その他のファイナリストの皆さん、受賞できた、できなかったと、一喜一憂しないでください。ここに集まった皆さんの写真は本当に素晴らしく、一人選ぶことはとても辛いものでしたが、私のグループでは宛さんを選びました。彼は中国出身で、大学時代を過ごした町には川があり、そこに集う人々を一人一人丁寧に捉え、フイルムのようなラフな素粒子感とモノクロームで表現しています。写真に写っている人たちは、我々が知っているきらびやかな経済成長の中にいる人ではなく、どこか孤独を抱えている人々。「彼らは川の流れを借りて自分の精神を洗っている。その後、立ち上がり、生活に戻る。」「出会った人すべてを記録することはできない。私が見た風景はただ彼らの時間の中の断片だけである。」作品紹介のボードにはこう書き綴られていますが、彼は自分の視点とは何か、3回のセッションの中で確かめ、磨き、是正することを続け、セレクションの完成度を高めていきました。カメラは何でも写すことができますが、どんな視点で被写体を見つめていくか、一生考え続けることが大切です。彼は、これからも写真を撮って生きていくと思いますが、日本と中国のいいところを両方知っている写真家として、いい未来を築いていってほしいと思います。おめでとうございます。

瀬戸 正人氏の祝辞

ファイナリストの皆さん、宛さん、小松さん、おめでとうございます。3回にわたって皆さんの写真を見て私が驚いたのはその成長度です。とくに2回目から3回目のジャンプ力は飛躍的といっても過言ではありません。
私のグループからは最終的に小松さんをキヤノン賞に選びましたが、他の人たちと比べ甲乙付けがたいなかでの選出でした。彼女の写真は最初何をめざすのか曖昧でしたが、2回3回と構成を変えていくなかで伝えたいものが明確になったのが評価した大きな理由です。外に行って写真を撮るということは、自分が見ているのは何か、意識することです。気付いて、確信することです。撮った写真の中にもの凄い写真のヒントがあるのに、ご本人が気付かないことが多いので、皆さん、そこをしっかり考察してください。またカメラの意義をしっかり意識して写真を撮ってほしいと思います。カメラとは手の中に収まる超高性能なスキャナーで、写真は街に出て自分が見た世界をスキャンした結果です。ただし写真は現実ではない。現実にそっくりのものが写り込んでいるけれど、まず大きさが違う、色も違う。写真は写真というもうひとつの現実なんです。そこを間違わないで創作活動をしていただけると、自分の表現が自由になるかもしれない。解き放たれると思います。いま、地球では1分間に何十億枚という写真が撮られているそうです。しかし、その写真はちゃんと見られてはいない、展示されていない。写真は見られてこそ強くなれる。人に見られたい存在だと思います。写真を撮り、プリントして、人に見てもらう。それが写真家だということを肝に命じて、皆さん、これからも撮り続けてください。

キヤノン賞 宛 超凡(えん ちょうはん)さん

キヤノン賞をいただきありがとうございます。展示にあたっては、キヤノンの皆さまにいろいろお世話になりました。今回、私の展示は全部で11枚です。デジタルカメラで撮ったのとフイルムカメラで撮ったのが半分ずつなのですが、写真のサイズは20×14インチなので、その違いはなかなか分からないと思います。いま使用しているカメラは母からもらったEOS 7Dですが、今回、EOS 5D Mark IVをいただいたので、これから日本でもっともっと写真を撮って、この次はさらに大きなサイズで展示したいと思います。本当にありがとうございました。

写真:宛 超凡(えん ちょうはん)さん

キヤノン賞 小松 里絵(こまつ りえ)さん

今回は、このような素晴らしい賞をいただきまして、キヤノンの皆さま、ありがとうございました。ハービー先生、瀬戸先生、1年間、いろいろご指導いただきまして本当にありがとうございました。このセッションを通じて久しぶりに「もっと写真を撮れ! もっと写真を撮れ!」と言っていただいたような気がします。そして久しぶりにたくさん写真を撮って、たくさんの写真の中から選んでいくという、当たり前すぎて忘れていたことをもう一度思い出させてもらえたセッションだったと思っています。見にきてくださる方々からもいろいろ言っていただいているのですが、皆さん「ここからが始まりだよ」と何度も言ってくださっているので、それを肝に命じて、これからも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

写真:小松 里絵(こまつ りえ)さん

キヤノンフォトグラファーズセッション企画展 ~その後のファイナリスト~※3 森岡 剛洋さん

第1回から第4回のファイナリストの応募作の中から、ハービー先生に僕の写真を選んでいただき、品川のオープンギャラリー1で写真展を開催させていただいています。確か第3回のこの場で、「これからがスタートだ」というようなことを言われたのを昨日のように覚えていますが、こんな私でも「その後」がありました。また皆さんとどこかで出会い、語り合い、刺激し合いたいと思っています。ありがとうございました。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 イメージコミュニケーション企画本部 プロサポート部 部長 相川弘文の挨拶

ファイナリストの皆さん、3回のセッション、お疲れさまでした。ハービー先生、瀬戸先生、選考から含め長い期間お世話になりました。また本日、休日にもかかわらずご出席いただいたメディアの皆さま、ありがとうございます。ファイナリストの皆さんは、去年のいま頃どんな写真でいくか悩みながら申し込まれ、ワークショップが始まると、この写真じゃなくてもっと撮れ、もっと出せ、もっと棄てろと、それこそ悪戦苦闘の一年だったと思います。その間、ハービー先生、瀬戸先生の名言を耳にしながら心を引き締め、皆さん工夫しながら今日に至ったのではないでしょうか。結果として、宛さん、小松さんがキヤノン賞に選出されましたが、皆さんのこの間の頑張りが本日につながっているのだと思います。「写真と生きる」という第5回キヤノンフォトグラファーズセッションのテーマのように、今日が最後というわけではありません。これから皆さん、いろんなところで写真を撮って発表していただきたい。そしてまたキヤノンギャラリーで写真展をしていただけるよう、頑張っていただきたいと思います。今日で第5回フォトグラフアーズセッションは終了となりますが、皆さんのご活躍を心より祈念いたしております。

写真:授与式 集合写真

このページのトップへ