「北斎とジャポニスム」展

キヤノンは、「北斎とジャポニスム」展に特別協賛します。
本展では、19世紀後半の天才浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)が西洋美術に多大なる影響を与え、“ジャポニスム”という現象を生み出した様子を西洋と北斎の名作を比べながら展示することで紹介します。
その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、さらには絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などにも及んでいます。
国内外の主要美術館が所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなどの作品約200点と、錦絵約30点、版本約60点からなる北斎作品約90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較展示し、北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能いただける本展にぜひ足をお運びください。

開催概要

このページのトップへ