環境への取り組み環境Q&A

資料の入手について

Q.サステナビリティ報告書が欲しいのですが、どうしたら入手出来ますか?
A.2011年からは、印刷物の形態での報告書を廃止し、「HTML」と「PDF版」で公開することといたしました。HTMLでは、体系的・網羅的な情報を掲載し、とくに重要度の高い情報について、PDF版にまとめて、掲載しています。
サステナビリティ報告書をご参照ください。
Q.製品安全データシート(MSDS)が欲しいのですが、どうしたら入手できますか?
A.キヤノンでは対象製品毎にMSDSを用意しており、ホームページ上で公開しています。 こちらからPDFファイルでダウンロードできます。
「製品での取り組み」製品安全データシート(MSDS)

環境への取り組みについて

Q.環境保証活動についての考え方を教えてください。
A.キヤノンは地球環境を守るため、より多くの価値をより少ない資源で産み出す『資源生産性の最大化』を追求しています。このことはキヤノンの環境経営の基盤となる「キヤノングループ環境憲章」のなかに明記されています。また一方で、『地球環境』のために、『豊かな生活』を犠牲にするのではなく、技術革新と経営効率の向上によってこれらを両立させることが重要だと考え、キヤノンはこうした考えを「環境ビジョン」、及びその「行動計画」に落とし込むことによって、環境保証活動を推進しています。
詳細は環境方針・ビジョンをご覧ください。
Q.地球温暖化防止についてどのように取り組んでいますか?
A.キヤノンは、地球温暖化問題の重要性を早くから認識し、京都議定書の採択に先駆けて、1996年に「グローバル環境推進委員会」の直轄組織として「事業所省エネルギー専門委員会」を設立しました。 以来、温暖化防止のための技術開発やエネルギー消費の多い生産設備、空調設備の改善など、グループ横断的に省エネルギー活動を推進してきました。
現在では温室効果ガス削減の中・長期的な目標を設定。それぞれ関連する事業拠点と連携し、目標達成に向けた活動を推進しています。
詳細は事業拠点活動における取り組みをご覧ください。
Q.工場ではどのような環境対策を行なっていますか?
A.キヤノンの工場では、全社が一丸となり、地球温暖化防止を目的とした「省エネ」活動、「廃棄物削減」活動、「水資源使用量削減」活動、「有害な化学物質の廃絶・削減」活動などに取り組んでいます。

製品の環境配慮について

Q.キヤノンの製品は省エネ性能に関してどのように優れているのですか?
A.キヤノンでは、「各製品でトップレベルの省エネを達成」することを目標に、省エネ設計に取り組んでいます。その結果、米国のEPA(環境保護局)が定める、省エネに関する環境ラベル「エネルギースター」については、複写機やプリンタなどの代表的な製品では100%に迫る取得率となっており、それぞれの製品でトップレベルの省エネ性能を誇っています。
詳細は環境規格適合リストをご覧ください。
Q.環境に優しい製品を選ぶときのポイントはありますか?
A.環境に配慮した製品を選ぶ際には、エコマークや国際エネルギースタープログラムなどの環境ラベルがひとつの指標になります。
これらの環境ラベル適合製品は、省エネ効率や環境負荷などについてそれぞれの基準を達成しており、環境に優しい製品といえるでしょう。
各種環境ラベルへの適合情報は環境規格適合リストでご確認ください。
また、キヤノンでは製品の企画、設計・開発といった初期の段階から、生産・物流の段階まで省資源・省エネルギー、化学物質の廃絶・削減など、環境負荷低減のための様々な活動に取り組んでいるほか、使用終了後の本体・消耗品についても独自のリサイクルシステムを構築しています。
このように製品のライフサイクル全ての段階で環境に負荷をかけない配慮がなされているかどうかも環境に優しい製品を選択する際の指標になるでしょう。
Q.キヤノンのインクカートリッジ・トナーカートリッジはRoHS指令に対応していますか?
A.キヤノンは、全ての純正トナー、インクに、RoHS指令で制限されている鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)を使用しておりません。 また不純物を含む場合でも、RoHS指令の許容値以下です。安心してキヤノン純正トナー、インクをご使用ください。

リサイクルについて

Q.使用済みの消耗品(トナーカートリッジ、インクカートリッジなど)の回収はしてもらえますか?
A.キヤノンでは、使用済みカートリッジを“価値ある貴重な資源”と考え、回収・リサイクルを行っています。 またカートリッジの他、トナー容器のリサイクルや小形二次電池の回収も行っています。これらの回収方法などについては、回収とリサイクルをご覧ください。
お客さまからご提供頂いたカートリッジは、埋め立て廃棄をしないリサイクルを行い、資源として有効利用いたします。
またカートリッジの回収を通じてベルマーク運動に参加しています。
回収・リサイクルにご協力をお願い致します。
Q.不要になったコピー機やファクシミリ、プリンタなどは引き取ってもらえるのでしょうか?
A.キヤノンでは、法人のお客さまを対象に、オフィスで不要になった使用済みキヤノン製事務機器を回収し、再利用・再資源化処理を行なう「グリーンリサイクルサービス」を有償にて提供しております。
※家庭で不要となった使用済みキヤノン製品は一般廃棄物となりますのでお取扱いできません。申し訳御座いませんが、キヤノンでは一般廃棄物の取り扱い許可を得ておりませんので、お住まいの地方自治体の指示に沿っての処分をお願い致します。
Q.回収された製品や消耗品はどうやっていかされていますか?
A.キヤノンでは、循環型社会に対応するため、開発・設計段階からリサイクルを考えた高度な製品ライフサイクルシステムを追求し、リデュース、リユース、リサイクルの3Rを実施しています。
たとえばトナーカートリッジについては、部品の再使用・他用途の材料としての再利用・熱源としての利用など埋立廃棄をせずに資源として有効利用しています。
製品本体についても、生産用部品・保守用部品としての再使用や、素材としての再資源化のほか、分解・再製造したRefreshedシリーズとしての販売も行っています。
このページのトップへ