環境への取り組み キヤノンビジネスマシンズフィリピンがフィリピンエネルギー省より
「エネルギー効率賞」を受賞

キヤノンビジネスマシンズフィリピン(以下、CBMP)は、Department of Energy(フィリピンエネルギー省 以下、DOE)より「DON EMILIO ABELLO ENERGY EFFICIENCY AWARD(エネルギー効率賞)」を受賞しました。2016年12月12日に開催された授賞式典において、賞状と盾が授与されました。

この賞は、フィリピンで省エネルギー活動の父と呼ばれるDon Emilio 氏の生前の功績をたたえ、1982年に「DOE 省エネ活動表彰」から改名されました。省エネルギー活動によりSpecific Energy Consumption(SEC:生産台数当たりのエネルギー使用量)を前年比5%以上改善し、その活動が効率的かつ継続的である事が認められた企業に与えられる賞です。

今回、CBMPが省エネルギー活動の一つとして推進している「BMS(Building Management System)を活用した消費電力量の削減」の結果、対前年23%削減という大きな改善を実現し、環境保護に貢献したことが高く評価されました。

【取り組み事例】

2016年の「DON EMILIO ABELLO ENERGY EFFICIENCY AWARD」では、フィリピン最大手のビールメーカーSan Miguel Breweryを含めた約50社に賞が贈られました。日系企業からはCBMPの他、IBIDEN Philippines, Inc.、Toshiba Information Equipment (Philippines), Inc.の3社のみの受賞となりました。
キヤノングループでは、今後も省エネルギー活動や環境保護活動を積極的に進め環境負荷の削減に取り組んでいきます。

このページのトップへ