環境への取り組み キヤノンハイテクタイランドのラチャシマ工場が「Water Conservation and Restoration Award(The Good Prize)」を受賞

キヤノンハイテクタイランドのラチャシマ工場は、タイ工業省から「Water Conservation and Restoration Award (The Good Prize)」を受賞しました。8月9日にバンコクのタイ文化センターで表彰式が執り行われ、タイ工業省大臣のAtchaka Sibunruang氏からキヤノンハイテクタイランド人事部ミッションマネージャーのHathairat Rerkudomsin氏に記念のトロフィーが授与されました。

ラチャシマ工場が受賞した「Water Conservation and Restoration Award」は、2007年に設立され、「社会のすべての分野と協力した河川の保全と意識の向上」、「産業分野の持続可能な発展」、「健康的なライフスタイルと自然資源と環境のバランスの維持」の推進を目的としています。
今年は表彰の創設10周年を記念して、“The Great Decade of getting together for the River Conservation” のサブタイトルのもと、節水、水質保全、水の再利用の優秀事例を実践した、水資源保全と水利用の模範企業に賞が授与されました。また、表彰式には政府や民間企業、報道関係者など1,500名が参加し、当日の模様がタイの主要TV局で生中継されるなど、10周年を祝う華やかな表彰式となりました。

【受賞評価ポイント】

2016年の「Water Conservation and Restoration Award」には、234社の応募があり、その中から「The Best Prize」6社、「The Good Prize」39社が選ばれました。電機電子機器メーカーではラチャシマ工場が唯一の受賞となりました。

このページのトップへ