環境への取り組み環境活動の主な沿革

キヤノンの環境活動の主な沿革をご紹介します。

  方針 組織 主な活動と成果
1972   ○「公害防止対策中央委員会」設置  
1976     ○公害防止管理規程制定
1988 ○企業理念「共生」制定    
1989   ○「フロン対策委員会」設置  
1990 ○社長年頭方針で「エコロジーのキヤノン」を言明 ○「環境保証推進委員会」設置
○環境担当役員・専任組織設置
○「トナーカートリッジ回収リサイクルプログラム」を開始
1991 ○「環境保証推進計画」策定(EQCD思想) ○「トリエタン対策委員会」設置 ○「環境保証」誌発行
1992     ○特定フロン廃絶
○硝子スラッジ無鉛化技術確立
○複写機のリマニュファクチャリング開始
1993 ○環境憲章制定
○新環境保証構想策定(製品企画から廃棄までの一貫保証)
○「エコロジー研究所」設置 ○製品環境アセスメントの導入
○「製品アセスメント ガイドライン」発行
○製品へのLCAの導入
○トリクロロエタン(トリエタン)廃絶
1994   ○「塩素系有機溶剤廃絶委員会」設置 ○環境監査開始
○事業所省エネ活動開始
○事業所自主環境監査導入
○環境報告書の前身「Ecology」を発行
1995   ○「環境技術センター」設置 ○グリーン調達活動開始
○2世代フロン廃絶
○日本初BS7750/ISO14001認証取得(阿見・上野)
1996   ○「グローバル環境推進委員会」設置 ○家庭用使用済みインクカートリッジの回収を開始
1997     ○「グリーン調達基準書・ガイドブック」発行
○トリクロロエチレン・テトラクロロエチレン・ジクロロメタン(洗浄用)廃絶
1998   ○「PFC等対策分科会」設置 ○「環境配慮設計ガイダンス」を発行
○経団連自主行動計画(97年策定)に参加
1999     ○「環境報告書」を発行
○PFCs、HFCs、SF6を廃絶
2000   ○新環境保証体制構築、各事業本部に環境推進体制構築 ○化学物質管理システムPRTR法対応開始
2001 ○「資源生産性の最大化」「グループ連結」の考え方を環境憲章に導入
○環境業績評価の導入
  ○マテリアルフローコスト会計の導入
○「環境保証基本規程」「製品環境規程」「製造環境規程」制定
2002   ○「グローバル環境推進本部」設置
○「ロジスティックス環境対応専門委員会」設置
○「Gプロジェクト(RoHS指令対応)」設置
○モーダルシフトの導入
○エコリーフシステム認証取得
2003 ○2010年ビジョン発表   ○「サステナビリティ報告書」を発行
○国内の全生産拠点で埋立廃棄物ゼロ達成
2004   ○キヤノンエコロジーインダストリー株式会社設立 ○RoHS対応製品発売開始
2005   ○「輸送省エネ法対策分科会」発足 ○エコレールマーク企業認定取得
○海外の全生産拠点で埋立廃棄物ゼロ達成
○「IM情報管理システム」(リサイクルシステム)導入
○ベルマーク運動に協賛
○チーム・マイナス6%参加
2006   ○「水使用抑制分科会」発足 ○産業廃棄物広域認証制度による「認定」を取得、「キヤノングリーンリサイクルサービス」を開始
2007     ○キヤノングループISO14001統合認証取得
2008 ○環境ビジョン制定 ○「環境本部」設置
○「グローバル環境戦略専門委員会」設置
○環境配慮型製品の開発にグループ全体で取り組む「環境トップランナープロジェクト」発足
○溶剤の回収・リサイクル技術を導入
○VOC処理装置の導入開始
○インクカートリッジ里帰りプロジェクト参加
○排出量取引の試行的実施に参加を表明(目標設定)
2009     ○世界最高水準の難燃性をもつバイオマスプラスチックを採用
○成型品の欧州REACH規制対応を完了
○CO2排出量の管理スキームを構築
○環境配慮設計にコストエンジニアリングの仕組みを導入
○「GREEN NAVI」web開設
○「GREEN PROFILE」web公開
2010     ○改正PRTR法への対応を完了
○トナーカートリッジリサイクルプログラム20周年
○「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始
2011 ○グローバル優良企業グループ構想PhaseIV「環境先進企業としての基盤の確立」 ○「キヤノングル—プエネルギー管理委員会」を発足
○「節電対策プロジェクトチーム」を設置
○回収複写機リサイクル工程での異物除去技術を確立
2012 ○「キヤノングループCSR活動方針」制定 ○「環境品質本部」設置 ○「化学物質統合管理システム」(成型品含有化学物質)稼働
○経団連及び電機・電子業界の「低炭素社会実行計画」(2013年〜2020年)への参加を表明
○「imageRUNNER ADVANCEシリーズ」のうち9モデルが複合機で初めてカーボンフットプリント宣言認定を取得
2013 ○「生物多様性方針」策定 ○「環境統括センター」設置 ○米国環境評価システム「EPEAT」で複合機8機種が、画像機器製品分野で最高ランクのゴールド製品として登録
○キヤノンバージニアが製造業者として初めて米国R2認証を取得
○「未来につなぐふるさと基金」を設立
2014 ○森林資源の配慮に向けた「木材製品調達における基本方針」策定   ○「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット」制度を複合機で初めて導入
○温室効果ガス(GHG)の排出量データに第三者検証を導入
○キヤノンUSA本社ビルが米国グリーンビルディング環境/省エネ認定基準(LEED)のゴールド認証を取得
○キヤノンUSAのアトランタ倉庫が米国グリーンビルディング環境/省エネ認定基準(LEED)のバージョン4「倉庫・物流センター」のカテゴリーで初の認証を取得
○キヤノンオーストラリア本社ビルでの環境に配慮したオフィス作りが評価されThe Green Building Council of Australiaによる持続可能性を評価する「5 Green Stars」規格を取得
2015     ○カートリッジ回収リサイクルサービスに経済産業省のどんぐりポイント制度を導入
○トナーカートリッジリサイクルプログラム25周年
○キヤノンエコロジーインダストリーにトナーカートリッジ自動リサイクルシステムを導入
このページのトップへ