環境への取り組み製品に関わる取り組み

製品開発における取り組み

LCA手法を駆使した製品開発

オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE C3300」シリーズオフィス向け複合機
「imageRUNNER ADVANCE C3300」
シリーズ

LCA開発マネジメントシステムのもと、LCA手法を活用した製品開発を進めています。
オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE C3300」シリーズでは、LCA手法を駆使した設計により、さまざまな面で環境負荷を低減しています。
例えば、強度を維持したままの枠体の薄肉化に加え、部品点数の削減などによって小型・軽量化を実現。また、熱容量の低い定着フィルムの採用などにより、トナーの定着温度を下げることで消費電力を削減しました。さらに、定期交換部品の長寿命化によるメンテナンス資材の削減などにより、前機種と比較してライフサイクルCO2排出量を約23%削減しています。
さらに経済産業省が推進するカーボン・オフセット制度の導入により、お客さまご利用時のCO2排出削減にも貢献しています。

オフィス向け製品の省エネルギー効果

オフィス向け製品の省エネルギー効果

製品使用時の省エネルギー

製品使用時のエネルギー消費量削減

キヤノン製品のライフサイクルのうち、環境負荷の大きな割合を占めるのが、製品使用時の環境負荷です。
キヤノンは、この製品使用時のエネルギー消費量削減をめざし、製品セグメントごとにそれぞれ業界トップレベルの省エネルギー達成を目標に掲げ、活動を進めています。
2015年はオフィス向けやコンシューマー向け製品の改善が進みましたが、産業用機器の販売量が増えたため、お客さまの使用時におけるCO2排出量は206.9万tとなり、前年と比較して約7.9%増加しました。

製品の省エネルギーに寄与する技術

キヤノンは、オフィス向け複合機やレーザープリンターなどの製品において、オンデマンド定着技術※1やIH(Induction Heating)定着技術※2など、独自の省エネルギー技術を採用しています。
プリンター起動時間の大幅な短縮や熱効率の向上などを実現するこれらの技術をベースに、さらに省エネルギー技術を進化させています。こうした取り組みによって、過去8年間(2008年から2015年)の累積でお客さまのCO2排出量を約1,285万t削減したと推定されます。
また、インクジェット複合機においても低電力モードへの移行システムや必要な機能のみへの電力供給を可能にすることで、省エネルギーを実現しています。

お客さまの環境配慮活動の支援

カーボンフットプリント※1(CFP)によるCO2排出量の「見える化」とカーボン・オフセット

CFPマークCFPマーク

キヤノンは、一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)のCFPコミュニケーションプログラムにおける「CFP宣言」の認定取得を進めています。また、再生複合機などに経済産業省が推進する「CFPを活用したカーボン・オフセット制度※2」を導入し、ライフサイクルCO2排出量が実質的にゼロとなる製品を実現してきました。2016年1月には、従来から対象の再生複合機「Refreshed」シリーズに加え「imageRUNNER ADVANCE」シリーズ全機種に対象範囲を拡大しました。
地球温暖化対策の推進に関する法律により、管轄省庁にCO2排出量の報告義務をもつ企業または地方公共団体は、キヤノンの複合機を導入することで、製品使用時のCO2排出量に相当するCO2を自己排出分のCO2削減量として管轄省庁に報告できるようになります※3
キヤノンは2010年より、回収した使用済みカートリッジをリサイクル拠点へ輸送する際にトラックなどから発生するCO2排出量のオフセットを行ってきました。2015年には、日本でのカートリッジ回収リサイクルプログラムに「CFPを活用したカーボン・オフセット制度」を導入し、回収・輸送時およびリサイクル拠点におけるリサイクル工程で発生するCO2排出量をオフセットすることで、CO2排出量実質ゼロの回収リサイクルプログラムを実現しています。
キヤノンは、今後もこうした取り組みを進め、お客さまのCO2削減に貢献します。

お客さまの環境配慮活動を支援するWebサイト「GREEN NAVI」を刷新

「GREEN NAVI ver.2」「GREEN NAVI ver.2」

キヤノンはWebサイトに環境配慮活動支援サイト「GREENNAVI」を開設し、お客さまの環境負荷低減活動に役立つコンテンツを発信しています。
2015年は同サイトを刷新し、新たに複合機のカーボン・オフセット量算出機能を加え、お客さまが導入した複合機による環境負荷低減効果を簡単に確認できるようにしました。また、スマートフォンやタブレット端末に対応したレイアウトに変更し、視認性が向上するとともに、PCなしでも簡単に操作できるようになりました。

お客さまのCO2排出削減を支援するカーボンニュートラルプリンティングを提案

キヤノンヨーロッパでは、キヤノンのサービスや技術を通じて、お客さまの事業活動のサステナビリティ向上をサポートするプロジェクトに取り組んでいます。
その一環として、複合機などでのプリント時に発生するCO2をオフセット(埋めあわせ)するサービス「カーボンニュートラルプリンティング」の提案を行っています。

TOPICS

キヤノンUSAが「The ENERGY STAR® Partner of the Year Award」受賞

表彰式の様子 ©EPA ENERGY STAR表彰式の様子 ©EPA ENERGY STAR

キヤノンUSAは、米国環境保護庁(EPA)が主催する「ENERGY STAR®アワード2016」において、製品の省エネルギー化によって温室効果ガスの排出を抑制した貢献が認められ、「Partner of the Year - Product Brand Owner Award」を受賞しました。キヤノンが同賞を受賞するのは2010年に続いて2回目であり、その他の賞を含めると、ENERGY STAR®アワードにおける受賞は10回目となります。


  • ENERGY STAR®:EPAが定める省エネルギープログラムで、一定の省エネルギー基準をクリアした製品にロゴマークの表示が認められる。
このページのトップへ