環境への取り組み環境用語集アルファベット

EMS(環境マネジメントシステム)
EMS(環境マネジメントシステム)とは、“Environmental Management System”の略で、組織が事業活動や製品・サービス等を通じて、環境に与える影響を管理するための仕組みです。環境方針や環境目標に基づき、実施計画を定め(PLAN)、その計画を実施し(DO)、実施結果を評価し(CHECK)、改善・強化する(ACT)ことが一連の流れになっており、継続的に改善することが求められています。キヤノンでは、キヤノングループ環境憲章のもと、「資源生産性の最大化」をテーマにして、EMSを運用しています。
EQCD思想
EQCD思想とは、キヤノンの企業理念「共生」に基づく、環境保証活動を最優先する考え方です。従来の事業活動で重視されてきたQ(=Quality 品質)、C(=Cost コスト)、D(=Delivery 納期)のどれよりも、E(=Environment 環境配慮)を優先させます。「キヤノングループ環境憲章」に明記されています。
ErP指令(イーアールピー指令)
ErP指令とは、“Directive on Eco-Design of Energy-related Products”の略です。製品ライフサイクル全体を考慮した「エコデザイン」を要求したEuP指令の対象を、実際にエネルギーを消費する製品だけでなく、窓や断熱材、節水弁など、エネルギー消費に影響を及ぼす製品にまで拡大したものです。
IH定着技術
IH定着技術とは、複写機やLBPに導入している省エネ技術の一つです。電磁調理器や家庭炊飯器に見られる電磁誘導加熱の原理を定着装置に応用したものです。定着ローラ表面の必要な部分だけを電磁誘導過熱により直接発熱させるため、熱効率が良く、プリント待機時に余分な電力を消費せず、ウォームアップ時間の短縮が可能です。
ISO14001
ISO14001とは、国際標準化機構が発行したEMS(環境マネジメントシステム)に関する国際規格です。組織の活動、製品及びサービスによって生じる環境への影響を管理し、環境パフォーマンスを改善するためのシステムを構築し、継続的に改善することが要求されています。キヤノングループでは従来、国内外の事業所・関係会社で個別にそれぞれのEMSに対して認証を取得してきました。さらに、グループ全体としての環境経営の強化を目的として、2005年より3ヵ年計画でキヤノングループとして統合化したEMSの構築を進め、これに対する認証を取得しました。
LCA(ライフサイクルアセスメント)
LCA(ライフサイクルアセスメント)とは、開発・設計から原料調達や生産・流通・稼動・製品廃棄などのライフサイクル全ての段階における環境への負荷・影響を評価する事です。
キヤノンでは、開発・設計部門において環境対応項目を評価するアプリケーションを開発、活用することで、開発・設計の初期段階から、LCA評価を実施しています。
PRTR制度
PRTR制度とは、化学物質排出移動量届出制度のことで、“Pollutant Release and Transfer Register”の略です。化学物質の大気・水域・土壌などへの排出量、及び廃棄物などに含まれて移動する量を登録届出、公表する仕組みです。日本国内では、「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」として法制度化されています。
REACH規則(リーチ規則)
REACH規則とは、“Registration, Evaluation Authorization and Restriction of Chemicals”の略です。化学物質の危険から人の健康と環境を守ることを目的に、化学品および製品に含有する化学物質の登録、評価、認可を義務付けたEU規則です。
RoHS指令(ロス/ローズ指令)
RoHS指令とは、“the Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment”の略です。使用済みの電気電子機器を埋立、廃棄する際に、環境や人体に悪影響を与えないよう、有害化学物質6種の製品への含有を制限するEU指令です。
SDS(安全データシート)
SDSとは、“Safety Data Sheet”の略で、日本語では安全データシートと呼ばれ、一定の化学物質を含む製品を安全かつ適切に取扱っていただくために、製品に含まれる化学物質名やその危険有害性情報、取扱い上の注意、環境への影響などに関する情報を記載したものです。
キヤノンでは対象製品毎にSDSを用意し、ホームページ上でも公開しています。
TED(The Eco Declaration)(ザ・エコデクラレーション/エコデク)
TED(The Eco Declaration)とは、製品の環境に関する情報を公開するための統一フォーマット、及びシステムのことです。複数製品との比較が容易なため、北欧などを中心にし、入札などで広く使われています。
WEEE指令(ダブルトリプルイー/ウィー指令)
WEEE指令とは、“Waste Electrical and Electronic Equipment”の略です。資源の有効活用、埋立て処分量の削減を目的に、メーカーが使用済み電気電子機器の回収・リサイクルを行なうことを義務付けたEU指令です。
このページのトップへ