環境への取り組み環境展示会(エコプロ)

エコプロ2016

会期 2016年12月8日(木)~10日(土) ecopro2016
会場 東京ビッグサイト 東展示棟 1~6ホール
公式サイト http://eco-pro.com/2016/

エコプロ2016エコプロ2016

昨年までの「エコプロダクツ」から名称が変更となり、2大テーマとして「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」が掲げられた今回のイベント、キヤノンは「地球温暖化対策と環境配慮」のテーマで出展しCO2削減に貢献する製品やサービス、使用済みカートリッジのリサイクル活動などを紹介しました。
メインステージでは、キヤノンが環境ビジョン「ACTION for GREEN」のもとで行っているさまざまな取り組みについて、キヤノンエコアンバサダー“椎野エみる”と“土男”が大型モニターを使って分かりやすく説明。また、体験コーナーでは、ものの特徴を上手に利用したキヤノンのリサイクルのひみつを、展示コーナーでは、カーボンオフセットや小型・軽量化した家庭用インクジェットプリンター、キヤノンバードブランチプロジェクトなど、製品・サービスを通じたキヤノンの環境への取り組みを紹介しました。

エコプロダクツ2015

会期 2015年12月10日(木)~12日(土)
会場 東京ビッグサイト 東展示棟 1~6ホール
公式サイト http://eco-pro.com/2015/

エコプロダクツ2015エコプロダクツ2015

キヤノンブースでは、キヤノンが環境ビジョン「Action for Green」をもとに行っている低炭素社会や循環型社会の実現に向けた様々な取り組みについて紹介しました。
低炭素社会コーナーではオフィスでできる環境負荷低減の取り組みを提案する「GREEN NAVI ver.2」と従来の「再生複合機」に加えて新たにカーボン・オフセット認証を取得した実機を展示しキヤノンのカーボン・オフセットに対する取り組みを紹介しました。
循環型社会コーナーでは2015年で25周年を迎えたトナーカートリッジリサイクルプログラムと2016年で20周年を迎えるインクカートリッジ回収プログラムについて紹介しました。また、インクカートリッジのリサイクルの仕組みを題材にした環境ミニ学習コーナーでは小中学生から大人まで多くの来場者が体験しました。

エコプロダクツ2014

会期 2014年12月11日(木)~13日(土)
会場 東京ビッグサイト 東展示棟 1~6ホール
公式サイト http://eco-pro.com/eco2014/

エコプロダクツ2014エコプロダクツ2014

キヤノンブースでは、キヤノンオリジナルのCGキャラクター「椎野エみる」と「土男」が初登場し、循環型社会の実現に向けた取り組みとして、2015年に25周年を迎えた「トナーカートリッジ回収リサイクルプログラム」と、経済産業省が主導するカーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット制度を複合機で初めて導入した再生複合機を中心に紹介しました。また、トナーカートリッジの材料分別体験コーナーでは、小学生を中心にたくさんの子どもたちが体験しました。

エコプロダクツ2013

会期 2013年12月12日(木)~14日(土)
会場 東京ビッグサイト 東展示棟 1~6ホール
公式サイト http://eco-pro.com/eco2013/

エコプロダクツ2013エコプロダクツ2013

キヤノンブースでは、キヤノンの環境活動の概要をプロジェクションマッピング※1を用いて紹介しました。加えて、MR※2システム「MREAL」による試作レスの取り組みや、製品ライフサイクルの各段階での環境配慮などを紹介しました。

  • ※1プロジェクションマッピング:プロジェクターで立体物に直接映像を投影することで、あたかも投影されている物体そのものが発光していたり、形が変わったり、透けたりしているかのように見せることができる、映像表現の手法。
  • ※2MR(Mixed Reality):現実世界と仮想世界をリアルタイムに違和感なく融合させる映像技術。バーチャル・リアリティよりもさらに現実感を高めた映像の視覚化が可能。
このページのトップへ