環境への取り組みキヤノン製品の活用によるお客さまの省資源への貢献

ヘッドマウントディスプレイを装着することで、MR映像を体感ヘッドマウントディスプレイを装着することで、MR映像を体感

キヤノンは、培ってきた高度なイメージング技術を駆使して、資源使用量の削減などにつながる製品開発にも注力し、そうした製品を幅広い産業分野のお客さまに提案しています。
例えば、現実映像と仮想映像を融合させるMR(Mixed Reality)システム「MREAL」は、お客さまの設計・開発現場における試作回数を削減し、開発期間やコストの削減はもちろん省資源化にも貢献します。「MREAL」は、これまで図面や画面上で確認していたCGや3DCADなどのデザインデータが実寸大で「そこにあるかのように見える」ため、開発者同士のコミュニケーション向上や確認ミスの予防、検証作業の効率アップにつながり、試作回数の削減に貢献。自動車業界をはじめとした製造業、鉄道業界や建設業界のお客さまに導入されています。

このページのトップへ