環境への取り組みキヤノングループ環境憲章

1993年制定 2007年改訂

キヤノンは、地球のサステナビリティを考える時、とくに地球温暖化や資源枯渇などの環境問題に与える影響を重視し、環境保証活動に注力しています。 その基盤となるのが、1993年に制定した「キヤノングループ環境憲章」です。
憲章では、環境保証活動と経済活動の2つのベクトルを一致させていく「資源生産性の最大化」をテーマに、 製品のライフサイクル全体を視野に入れ、グループ全体で環境保証活動を推進していくことを明記しています。

キヤノングループ環境憲章

このページのトップへ