プラスチック REPORT01プラスチックの処理

トナーカートリッジは主に、金属、プラスチック、トナーなどで構成されています。 このレポートでは、材料再生システムのリサイクル工程で選別された”HIPS以外のプラスチック類”の外部リサイクル処理にスポットを当てて紹介していきます。

図1. リサイクル工程で選別されたHIPS以外のプラスチック類

①HIPS以外のプラスチック類を、どんなところで処理している??

キヤノンでは、トナーカートリッジのリサイクル工程で選別されたHIPS以外のプラスチック類を、プラスチック専門のリサイクル工場へ送っています(図1)。この工場では、様々な種類のプラスチックの他にも家庭から出てきたペットボトルなどを受け入れており、それらを破砕・成形し、新しいプラスチック製品として再生させています。特にこの工場では、再生プラスチックの用途を拡大したことによって、従来捨てられてしまうようなプラスチック(たとえばインクを吸い取ったスポンジなど)をも受け入れ、それらを埋立処理することなくリサイクルしています。

図2. 押出成形機(左)で作られた再生プラスチック製品の基となる材料(右)

②HIPS以外のプラスチック類を、どんな風に処理している??

集められたプラスチック類はそれぞれ大きさが異なります。それらを使って再生プラスチックを成形するためには、プラスチックが成形機で均一に混ざり合う様、一定の大きさにする必要があります。そこでまず初めに、集められたプラスチック類を圧縮機で一旦固め、その次に破砕機で一定の大きさに砕いていきます。そして砕いた材料を成形機に投入して、再生プラスチック製品の基となる材料を作り出していきます(図2)。最後にその材料を使って、再生プラスチック製品を成形していきます。

図3. 再生されたプラスチック製品が、何度でも社会に資源循環していく

③HIPS以外のプラスチック類は、最終的にどうなった??

キヤノンのトナーカートリッジのリサイクル工程で出てきたHIPS以外のプラスチック類は、この工場で最終的に、再生プラスチック製品(樹脂ブロック・マット)などに生まれ変わります。再生されたプラスチック製品はユニットハウスやトランクルームといった建設用設備器材の製造を行う2次メーカーなどに販売され、社会的に資源循環させていきます。また、使い終わった樹脂ブロックは回収され、この工場で再び樹脂ブロックへとリサイクルされ、何度でも社会へ還っていきます(図3)。

このページのトップへ