環境への取り組み自然共生型社会実現への貢献

気候変動や過度な開発による生物多様性の損失が深刻化するなか、「生物多様性条約COP10」で採択された「愛知目標」など、自然共生型社会に向けた取り組みが求められています。
キヤノンは、「共生」の理念のもと、グループ共通の「生物多様性方針」を掲げ、自社製品の活用や事業拠点での活動、社会活動を通した取り組みを推進しています。

生物多様性方針

生物多様性方針と主な活動をご紹介します。

森林資源に配慮した木材製品調達

森林資源への配慮と木材製品の調達方針についてご紹介します。

自社技術、製品を活用した活動

キヤノンの製品を活用した生態系の調査やモニタリングの取り組みをご紹介します。

事業所を中心とした活動

キヤノンの事業所内における生態系保全活用や緑地整備の取り組みをご紹介します。

自然共生型社会づくりへの貢献

世界各地のグループ会社で取り組んでいる自然保護活動をご紹介します。

このページのトップへ