環境への取り組み森林資源に配慮した木材製品調達

森林資源への配慮について

森林資源の持続的活用のためには、森林の育成・維持およびそこからの木材の収穫が適切な管理の元におかれている事が重要です。キヤノングループは従来から、オフィスなどで使用する用紙の調達に森林認証用紙や環境に配慮された供給源の原材料から製造された用紙を採用するなど、森林資源保全に配慮してきました。さらに、森林資源保護・関連規制対応を徹底するために、木材製品の調達に関する方針を策定・公開するとともにお取引先にも協力いただき、森林資源保護に努めています。

木材製品調達における基本方針

  1. 森林資源の持続的活用に配慮した材料の使用
    キヤノングループは、木材製品の調達において木材利用を目的として管理された森林資源から供給された材料を使用する。
  2. 使用する森林資源のトレーサビリティの実施
    「原料となる木材の収穫から物品の製造過程全体を通じてのトレーサビリティの確保」をお取引先の協力のもと実施する。
  3. 「トレーサビリティ確保」のエビデンス確認
    キヤノン製品(またはOEM製品)およびそれらの包装を構成する物品が各国の木材製品規制の対象となる場合等については、それに使用する調達物品について、お取引先の協力のもとエビデンスを管理する。

木材製品管理基準

上記方針に基づき、キヤノングループは木材製品管理基準を策定しております。

このページのトップへ